JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

5さいのコーギーです。手足の指の甲の毛がごっそり抜けて皮膚が見えています。肉球の荒れから始まり、こじれて今は、ピンク

解決済みの質問:

5さいのコーギーです。手足の指の甲の毛がごっそり抜けて皮膚が見えています。肉球の荒れから始まり、こじれて今は、ピンクの指の皮膚にモヤモヤと毛が生えてる程度です。3年以上、悩んでいます。幸い、ずっと食欲も落ちたことなく、便通も良い子で元気です。病院にも2件かかりましたが、薬漬けで良くなるように思えず通院を止めて、1年余り。肉球の状態は良くなりましたし、指の皮膚 の腫れも治まりましたが、以前より毛の抜けてる範囲が広がりました。2~3ヶ月前からモヤモヤ毛が生えだしたのですが、一向に揃わないし、なぜか頻繁に血豆のようなものができるようになって、つぶれたり、真っ黒に固まって取れたりの繰り返しで少し荒れ気味です。やはり、何かしら合わないものが体内に入ってしまってるのでしょうか?フードはあれこれ試し落ち着いたところです。キャベツはよく食べます。(病院で、バナナとキャベツは、アレルギーにならない!と聞いたので)とにかく清潔にと洗いすぎてるかもとも思いますが、血豆に関係ありますか? 脇の一部も長く毛のない部分がありましたが、同時期に生え始めました。キャベツは生で食べてます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

それはお困りですね。

皮膚の状態としては考えられることは様々ですが、文面からの判断では内側から(体質などワンちゃん自体)が原因の一端になっている可能性が高そうではないかと思います。
手の甲の部分にはもちろん感染症(細菌、真菌、ダニなど)も出てはきますが、感染症の典型的な症状とは少し異なります。
毛が抜けて生えそろわないというのは皮膚糸状菌症(一種の真菌)の症状でよく起こりますが、血豆ができたりじゅくじゅくになるというのは糸状菌ではほとんど見ません 。

そうなるとやはりアレルギー性の疾患、免疫不全、循環不全かあるいは皮膚自体の構造の問題などが考えられます。
かなり若いころから出てきて皮膚以外の症状がないとなると悪性腫瘍や全身に影響する自己免疫疾患などの可能性は高くはないとは思いますが、何かしらの基礎疾患(水ません具体的には言えないですが)が隠れていて症状を起こしているものと思えます。

診断をつけるのであればホルモン疾患(副腎や甲状腺など)、肝疾患(肝機能検査を行う)、皮膚の生検(皮膚の一部を切り取って検査センターへ送る)などの特殊検査と全身の一般的な検査(スクリーニング検査)をした方がいいのではないかと思います。
一時期脇の一部の毛が抜けていた時期があるということは薬による影響がなければホルモンの異常を示唆するものの可能性があります。

そこで何か見つかればもちろんその治療をしなければ治らないですし、何も見つからないとなるとやはりアレルギー疾患やもともと皮膚が弱いということになりその場合は試験的に免疫抑制剤を試すか、サプリメントや官報などを試すことになると思います。

今の時点でお家でできることは、やはり清潔に保つことととなめさせないことですが、やはり洗いすぎというのもあまり皮膚にはよくはないです。
一日2回程度のシャンプーをつけない洗浄くらいにしておいた方がいいのではないかと思います。

フードなどを続けることによって少しずつ改善してくれることも考えられますが、一度皮膚の得意な二次病院(大学病院など)かあるいは東洋医学も行われている病院(漢方など)で診てもらうのもいいかもしれません。
東洋医学は少し怪しい響きがあるかもしれませんが、皮膚病などには効果が出ることも多く、動物の学会もありちゃんとした学問の一つですので。

少しでも早く良くなってくれることをお祈りしています。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問