JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ジャックラッセルテリアを飼っているのですが、食後暫らくしてから、もしくは食前に嘔吐することが多くなりました。嘔吐物は

解決済みの質問:

ジャックラッセルテリアを飼っているのですが、食後暫らくしてから、もしくは食前に嘔吐することが多くなりました。嘔吐物は特に見られず、白もしくは黄色の液体を吐き出します。
近所の動物病院では原因を具体的に特定できずアレルギーを疑っているようです。
原因、病名等を示唆していただければ幸甚です。
因みに健康診断ではリパーゼの値が若干高いとのことでした。
またエコー検査、すい臓にも問題はないとの診断でした。
よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

少し情報を頂けますか?

他に検査はされていますか?
もしされていればその検査内容と結果をわかる範囲で教えてください。
それから何か食事変更などのきっかけの心当たりはありますか?
また体重減少などはありますか?

よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.
3月5日に一般的な健康診断を受けました。
白血球の数が5340、すい臓リパーゼが2786.その他は特に問題はありませんでした。
体重は特に変化はなく、食欲も旺盛です。
きっかけは特に思い当たりませんが、強いてあげれば2月末に餌の種類を変えました。
また、その餌は数日でやめ、、湿疹と嘔吐があったため、獣医に診断してもらい、餌は獣医の勧めるものに変えています。湿疹はそれ以来出ていないようですが、嘔吐は続いています。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
早速の返答ありがとうございます。

確かに経過からするとアレルギー性の疾患を疑わせる経過ではありますね。

ただし、食事アレルギーの証明というのはかなり難しいです。
アレルギー用の食餌を食べて嘔吐が止まればアレルギ ーであったということがいえますが検査でというのはなかなか難しいでしょう。

その他の原因として一番にあがるのは、軽い胃潰瘍や胃酸過多です。
特に空腹時に嘔吐が起きやすい場合はこれが疑われます。
診断は内視鏡によるものですが、胃酸の抑制剤と粘膜保護剤でおさまる場合はこれの可能性が高く、慢性化しているようですのでしばらくお薬を続けてみて止まるかどうか見てみてもいいと思います。
アレルギーではこれらのお薬だけで嘔吐が止まることはありません。

それから他にはIBD(炎症性腸疾患)でしょう。
これは胃や腸に自己免疫性の炎症が起き、そのため下痢や嘔吐を引き起こすものです。
胃に病変ができると嘔吐の症状が起こります。
これも診断は内視鏡とそれによる組織検査(粘膜の一部を取ってそれを検査センターに送る)になります。
治療は免疫抑制剤になります。

それ以外に胃の慢性異物や幽門狭窄などの病気もありますが、内視鏡で判断付くものが多いです。

他にホルモンの病気(アジソン病=副腎皮質機能低下症)でも慢性の嘔吐が出ます。

ですので理想的には内視鏡をやってもらうのが一番ですが、麻酔が必要ですので、まずは1~2週間、胃酸抑制剤と粘膜保護剤をのんで嘔吐が止まらなければやってもらうというようにしてもいいと思います。
それほど緊急的に色々検査をしていかないといけない状態ではなさそうですが、体重の減少と食欲不振は危険信号ですので注意してください。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ご回答ありがとうございます。
追加質問です。
以前は朝は市販、夜は手作りの餌を与えていましたが、最初の診断で指定された市販の餌に変えました。
それでも嘔吐が収まらず、胃酸を抑える薬を1回/1週間与えました。
それでもその週に数回嘔吐したため、さらに1週間薬を続けました。
その後、嘔吐の頻度は週1回程度に減ったのですか、ここ数日、1日1回の嘔吐が続いています。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
そういうことであれば胃酸過多に伴う胃腸の荒れが怪しいかとは思います。

特に慢性嘔吐の場合は、胃酸による胃の荒れや胃潰瘍がかなりしつこくなっているケースもあります。
害があるお薬ではないので長期的に(2~4週間)胃酸を抑えるお薬と胃粘膜保護剤を与えてください。
症状が治まっても胃粘膜の荒れ が完全に収まるまではできるだけ長く飲ませた方がいいと思います。

それでも嘔吐がおさまらない場合や回数は減ったが残るという場合はやはり内視鏡で上記に書いたような病気がないかどうか見られた方がいいでしょう。
急ぐ必要はありませんが、待つ理由もないので、治療は早めに初めて行かれるのがいいと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問