JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5478
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

実家でかっている雑種の14才、メス、が4月15日にエバンス症候群と診断されました。 レントゲンを撮ったところ胸

質問者の質問

実家でかっている雑種の14才、メス、が4月15日にエバンス症候群と診断されました。

レントゲンを撮ったところ胸腺腫瘍がみつかり、抗が ん剤治療をしてみようということになりましたが昨日今日の予定が昨日だけで止めました。
理由は腫瘍の治療をする意味もないくらい体調がよくないとのこと・・・

土曜日に今後について獣医さんと話す予定です。

命あるものいつかはですが、こんなにつらい病気になることは想像もしてなかっただけにまだ現実を受け止められません。

散歩やえさ、普段どうすればいいのかもわかりません。

大学病院に連れていくのがやはり一番いいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして 診察はしていませんので文章のみからの推測にしかすぎません。
少ない文章からの推測です。
的確な アドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。
質問やさらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。

免疫介在性の病気でかなり難しい状態です。
やはりこれらの病気を診察に慣れている大学や2次診療病院で早急に
診察を受けるべきでしょう。 検査や処置もこれらの病院で行ってもらうのが
ベターだと思います。適切な処置をしてもらうと状態が良くなったり本人も
楽になる可能性があると思います。

犬 についての関連する質問