JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 4月10日から全く食べなくなりました。ただ、16日には蒸しパン

質問者の質問

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいた します。
4月10日から全く食べなくなりました。ただ、16日には蒸しパンを三度に分けて食べましたが、それ以後は水だけの状態です。ただただ、体をさすってやることしかできません。
キャバリアの15歳10か月という年齢から、獣医師は積極的治療を勧めませんでした。私もそれに納得し、酸素ハウスを借り上記内容で過ごしたおります。
しかし、動けないからだですが、前足を掻き鳴き声をあげることが多く、静かな時間は一日に何時間もありません。苦しいのかと思うとみていられなくなります。
積極的治療をしないということは、こんなに苦しむものなのでしょうか?この苦しみはいつまで続くのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

病気にもよりけりですが、どのような病気かおわかりですか?
またもしわからなければ食欲がない以外の症状を教えてください。

よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

今回の通院は特に治療すべき病気があってのものではありません。

全く食べなくなってしまったので通院しました。

全く食べないので、動くこともできなくなりました。

食べない以外の特筆事項はありません。点滴などをしても一時的で、年齢を考えると積極的治療は・・・ということでした。

日常的には四年前から心臓の治療を(投薬)続けています。

私としては食べさせないで死なせることなんだと思っていましたが、こんなに苦しむ毎日が待っていようとは想像外でした。

何か積極的な治療は必要だったのでしょうか?

この苦しみはいつまで続くのでしょうか?

24時間家族で見守っていますが、何もしてやることが見つかりません。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
確かにもうすぐ16歳というのであれば、何か病気があっても完治させられる可能性というのは高くないかもしれません。
ただし、食べられない、苦しんでいるというのには何か病気が隠れているはずです。
その病気自体がなんなのか(心臓病の悪化か他の痛みや苦しみを伴う病院ではなのか)がわからない状態ではどうしようもありません。

ですのでそのお年だとしても、ある程度の検査(血液やレントゲン、超音波などは身体の負担もないですし、ほとんど痛みを伴わない検査です)をして、なんで苦しんでいるのかをみつけて、病気自体治せないにしても、症状を抑えてあげることは必要になるかと思います。
例えば心臓病の悪化の肺水腫で苦しんでいるのであれば、利尿剤で症状の改善は望めますし 、痛みを伴う病気であれば痛み止めの薬で苦しみが和らぎ食べてくれる子も多いです。
点滴をしたり、薬を使ったりすれば症状がよくなる病気というのは多いです。

ですので高齢だから検査もしないし治療もしない、というのであればそれは違うと思います。

もちろん若い子と高齢の子ではどこまで病気を突き止めるか(若ければ負担のかかるCTやMRIなどの検査も積極的に勧めますが、高齢のこではそうとは限りません)とか、治療をどこまでするか(身体に負担のかかる手術などをするか)ということは変わってきますが、それは高齢だから何もしないというのとは違います。
たとえ治せない病気だとしても、今なぜ食べなくて苦しんでいるのかがわかれば、負担のかからない対症療法などはできることが多いです。
治療の負担とその効果を考えて、できるだけ積極的な治療とはいいませんが、その子にあった治療というのは高齢のこにも必要です。

本人の負担のかからない程度でやれることはやってあげた方がいいです。

犬 についての関連する質問