JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

はじめまして。 一か月前に餌を食べなくなり病院に行ったところ足の炎症ですとのことでした。 その時血液検査してもら

解決済みの質問:

はじめまして。
一か月前に餌を食べなくなり病院に行ったところ足の炎症ですとのことでした。
その時血液検査してもらい異常はありませんでした。又体温も普通でした。
痛み止めを与えると食欲も戻り元気になったみたいでした。
痛み止めをやめサプリメントに変えると痛いのか、又食べなくなりました。
それからはずっと痛み止めを食べらせています。
足のほうはだんだん悪くなる一方でよたよたしていたのが今日は後ろ足がついてこなく、歩けないようになりました。
どうしたらよいのでしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

もう少し情報をよろしいですか?

脚がよた付いたりするのは片足でしょうか?両足でしょうか?
また、どんな検査をして脚のどの部分の炎症といわれましたか?

わかる範囲で結構ですので、よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

両足だと思います。

どちらの足もついてこない状態です。

 

検査は血液検査、体温測定です。

マッサージしてもらい足を突っ張るとのことでした。

元々耳がじゅく耳で耳を描いていたのでそれが原因で炎症を起こしているとのことでした。

レントゲン、CT、MRIなどはありません。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

耳が原因で脚に炎症を起こしていると言われたのでし ょうか?
そのようなことはまず考えられませんのでもしそういう説明であるのであれば診断を疑います。(外耳炎から内耳炎や中耳炎へ進行しふらつきが出るのであればわかりますが、それが脚にいくことはありません)

マッサージをしてもらい足を突っ張るというのがどういったことかわかりませんが、もしそれが神経異常(上部運動神経サイン)のことを表しているのであれば脳や脊髄の異常になります。

通常ビーグルちゃんで両後肢がついてこない状態になる場合、一番多いのは椎間板ヘルニアなどの腰の神経の異常になります。
これはひどい場合は手術が必要になります。
かなり経過が長くなってしまっているようですので、手術をして治るかどうかというと微妙なところですが、まずはしっかり検査をしてもらいどういった病気なのかきっちり説明してもらうのが第一だと思います。

文面だけで病院を判断することはできませんが、今の説明はいまいち理解ができない部分が多いのでセカンドオピニオンを危機にいかれた方がいいと思います。
恐らくこのままだと後肢麻痺になり前足だけしか動かなくなる可能性が高いと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問