JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

若干貧血症状を見せる。歯茎が白くて活動低下。他は特に異常無し。 お腹周りの皮膚色が白い。

解決済みの質問:

若干貧血症状を見せる。歯茎が白くて活動低下。他は特に異常無し。
お腹周りの皮膚色が白い。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして 診察はしていませんので文章のみからの推測にしかすぎません。
少ない文章からの推測です。
的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。
質問やさらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

知りたいことは何ですか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

質問者: 返答済み 5 年 前.
急にすみません。うちの犬が昨日から元気がなくて、若干貧血症状を見せています。
歯茎や腹回りの肌色がかなり白いです。どうすればいいすか?どんな病気ですか?
助けて下さい‼
質問者: 返答済み 5 年 前.
11年なったメスのコッカースパニエルです。昨日から元気がなくて、若干貧血症状を見せています。歯茎や腹回りの肌色がかなり白いです。ふらふらしています。どうすればいいすか?どんな病気ですか?助けて下さい‼
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

歯ぐきや腹周りの肌色がかなり白いというのは質問者さんのおっしゃる通り貧血です。

貧血には大きく分けて
溶血性貧血と出血性貧血、それから赤血球の産生不良による貧血があります。

溶血性貧血とは血管内で血が壊される病気で、大きくは
1.自己免疫性溶血性貧血
 自分の免疫が自分の血液を壊してしまう病気で貧血を起こす病気では一番一般的です。
 原因は特発性といわれる原因が全くないものや悪性腫瘍によ 伴うものなど様々です。
 治療は免疫抑制剤による赤血球の破壊の抑制になります。
2.バベシア症
 ダニが媒介する寄生虫症で、赤血球を破壊します。
 ダニがついていたことがある場合はこの病気は要注意です。
 治療は薬による抗寄生虫療法です。

の二つに分かれます。

それから出血性の貧血で重度の症状を示すものは
1.腹腔内出血
 特に腹腔内に腫瘍(特に肝臓や脾臓)があるとそこから出血して重度の貧血を起こすことがあります。最近お腹が出ているとかぽよぽよするとかいうことがある場合は要注意です。
 治療は腫瘍を手術で取り除いて出血を止めることです。
2.消化管内出血
 高度な貧血を起こすことは稀ですが、黒い便が出ているとかいう場合には要注意です。

それから赤血球産生不良による貧血の場合は
骨髄腫瘍(白血病など)や腫瘍の骨髄転移、骨髄ろうなどといわれる病気で起こります。
薬による治療が必要です。


これらを書きましたが、ふらつきが出るほどの貧血はかなり危険です、
行けるのであれば夜間病院、無理であればできるだけ安静にして明日の朝一番で病院で診てもらわないとかなり命の危険があります。
原因がなんであれ、輸血が必要になるかもしれません。
 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
貧血を起こす病気の多くが時間との勝負になってきます。
急性期を乗り切れば完治する病気も多いですので、できるだけ早く病院に行ってください。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ネットで調べてみると免疫介在性輸血性貧血という
(IMHA)病気があるらしいですが、それにちかいですか?
治療すれば治る病気ですか?
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
正確には免疫介在性溶血性貧血です。
検査をしてみないとわかりませんが、急に貧血を起こす病気としては一番多い病気です。
これは治療で完治することも可能ですが、劇症型の場合は1~2日出なくなってしまうことも多いです。
一度治ってしまえば、基本的には問題ないことが多い病気です(これを起こす原因が悪性腫瘍である場合もありますが)。
この病気であれば治療開始が遅くなればなるほど死亡率が高くなりますので、できる限り早めの受診を強くお勧めします。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医臨床歴6年
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問