JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5482
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

8歳になったばかりのブルドック女の子です。血尿が出たのでエコー検査、レントゲン、血液検査等の検査を受け、縫合糸反応肉

解決済みの質問:

8歳になったばかりのブルドック女の子です。血尿が出たのでエコー検査、レントゲン、血液検査等の検査を受け、縫合糸反応肉芽腫の可能性が高い為 、ステロイド、免疫抑制剤を飲みながら二週間後のエコー検査では肉芽腫の大きさは変わりませんでした。
直径6から7cmの大きさで膀胱の位置にできているため本来の位置から膀胱がずれているそうです。
CTで詳しく調べるのがベストと理解しているのですが麻酔のリスクを考えるとなかなか踏み切れません。
今はたまに失禁してしまう他は元気で食欲もあり、便もいい感じです。
だからと言って肉芽腫をそのままにして置く大きさではないと言われています。どれがこの子にとって一番いい方法なのか迷ってばかりです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、診察をしていませんし短い文章からの推測です。適切なアドバイスが出来ない場合もあることをご承知ください。追加の質問や情報があれば書き込みをお願いします。

麻酔のリスクは短頭種なのであると思いますが、体調が良いうちに調べるのが
ベターでしょう。

また大学や2次診療施設でセカンドオピニオンをするのも一つの方法でしょう。
こういう病院は難しい症例が多いので麻酔に長けていますし
本当に検査が必要か判断してくれるでしょう。

ご参考までに
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問