JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

こんばんは。 とても悩んでおります。ご意見をお聞かせください。 我が家にはミニチュアダックスロングヘ

解決済みの質問:

こんばんは。

とても悩んでおります。ご意見をお聞かせください。


我が家にはミニチュアダックスロングヘアーの12才と8才のオスがいます。
現在、ペット飼育可能な分譲マンションに5年前から住んでおります。

今回、下の階の方から無駄吠えがひどいためクレームがきました。


今までもしつけはしてきましたが無駄吠えだけは一向に改善されず
日々、長吠えになりつつありました。
高齢化しているとはいえ、認知症の症状はありません。

上の子は半年ほど前、網膜委縮症で目が見えていないと獣医さんに言われました。
下の子は2歳ころから凶暴になり、威嚇をしては上の子に飛び掛かり
なんども獣医さんにお世話になるほどのケンカを繰り返していました。
(歯が抜ける、爪が折 れる、噛まれたことで肉が露出し外科用接着剤でつけるなど)
最近はようやくケンカも減り、病院に駆け込むほどのけがをしなくなった矢先のことでした。

自分なりに分析すると上の子は分離不安からくる鳴き方、
下の子は警戒心が強く些細な物音にも敏感です。

下の子が吠え始めると、上の子が状況もわからぬままつられて吠えます。


本やテレビでいいとされる方法は試しました(無視、嫌な思いをさせる、安心させる、酢のスプレーなど)が
吠えは改善されません。
分譲で購入しているため引っ越しも厳しいです。
今は無職で在宅時間が長いのですが。夏から仕事を再開します。
下の階の方曰く、留守番の間はずっと吠えていると・・・
(帰宅した際に吠えてるのを確認したことはありませんが、家を出てマンションから少し離れても
吠えているのが聞こえます。)
仕事をしないことには養えないので・・・日中は留守番が必要になってしまいます。

そこで声帯切除術を検討しています。
何度かかかったことのある獣医さんに状況を説明すると見積もりを出してくれました。
2匹で30万でした。

金額は問題ではないのですが・・・
声帯切除ということに抵抗がありすぎて踏み切れません。
今のマンションは環境が静かで、目が見えなくなった上の子も感覚で歩けるので
ここに住むため、とはいえ、しなくていいはずの手術を高齢犬にしなくてはならない・・・

保健所など手放すことは考えていません。
ただ、手術の全身麻酔によるリスクや犬のストレス、予後に不安があります。
また、手術してもまた声が出る場合があると説明を受けました。
また、声が今までどおりになるのなら全身麻酔をかけてまで、という思いもあります。


飼い主のエゴというのは重々承知しています。

お伺いしたいのは、手術のリスクと術後声がまた出る確率の統計などはないのでしょうか?

下の子はストレスがたまると上の子にケンカを仕掛けることが多いので
手術してケンカが増えることは避けたいです。

長々と申し訳ありません。本当に悩んでいます。回答をよろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

ご質問ありがとうございます。

まず、手術のリ スクですが、それに関してはその子その子の状態によって変わってきますので、どれくらいのリスクがあるというのは言えません。
内臓(特に肝臓、腎臓、心臓など)に疾患がなければ12歳の子でもそれほどリスクが高いわけではありません。
ただし、他の手術と比べて一つ違うのは、声帯にメスを入れることになるので、術後にその部分が狭くなる可能性があります。
もちろんそれで呼吸困難を起こすというほどではありませんが、それで次の手術時に気管にチューブ を入れにくくなる可能性はあります。

それから、声が出るリスクに関しては統計があるわけではないですが(評価が難しいので)、ほぼ100%の子で声は小さく(響きにくくは)なります。
全く声が出なくなる子が5割程度ですが、やはり2~3割程度の子は術後もやはりそれなりに大きな声が出てしまうことがあります。


それから、もし手術以外の検討をされているのであれば、トレーナーさんに預けることを一度考えられてもいいかと思います。
不在時に吠えているのであればやはり多かれ少なかれ不安によるものがどちらの子にもあると思うのでフラワーレメディといわれるメディカルハーブなどを試されるのもいいかもしれません。
多くはありませんが、一部の病院では(東洋医学に力を入れている)やっているところもありますので。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

早速の回答ありがとうございます。

 

本日診てくださった先生には内臓に(心音)問題ないといわれました。

12才でもリスクは高くないとのお言葉で安心できました。

 

大事な大事な家族ですのでもう1度、家族会議で話し合いたいと思います。

トレーナーやお薬も参考にさせていただきます。

本当にありがとうございました。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
承諾ありがとうございます。

いい方法が見つかることをお祈りしています。

犬 についての関連する質問