JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

まもなく9歳の♀コーギーです。元々お腹の調子の悪い子で、一度は膵臓の病気を疑われたことも。結局膵臓ではなかったのです

質問者の質問

まもなく9歳の♀コーギーです。元々お腹の調子の悪い子で、一度は膵臓の病気を疑われたことも。結局膵臓ではなかったのですが、しょっちゅうウンチの状態が悪くなります。その後、薬で軟便をコントロール。体力は有り、よく食べ、元気ではありましたが、
ここ数日、急に体調がおかしくなり、水を飲んでも吐く状態。病院でレントゲン、内視鏡検査。原因わからず栄養剤の点滴のみ。どんな原因が考えられますか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

もう少し情報をください。

内視鏡で異常がないとなると消化器系の病気の可能性は低くなります。
ただし、内視鏡で組織をとってそれを検査センターに出した場合はですが、組織をとって検査センターに出しましたか?
また、副腎皮質ホルモンや膵臓の検査はされていますか?

宜しくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.
組織検査はまだですが、以前膵臓の検査はして、便の状態が悪いのは膵臓のせいではないとの検査結果が出ました。ただ、フードも指示に従って買えましたが、ねっとりとした便が続き、時々は血便になることもあります。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

考えられることとしては

1.胃腸の疾患
IBD(炎症性腸疾患)やリンパ腫などの一部では肉眼所見(見た目)は正常でも組織の検査で以上がでてくることがあります。

2.膵臓の疾患
おそらく以前は膵外分泌不全(慢性的な軟便、下痢が続く病気)の検査をされていたのだと思いますが、その病気ではなく、急性膵炎(急激な嘔吐、腹痛、食欲不振をともなう疾患)の可能性があります。
これは血液検査とエコーを総合的に判断して診断します。
急性膵炎はその名の通り、急性の疾患ですので、今回も 調べる必要があると思います。

3.アジソン病(副腎皮質機能低下症)
これは副腎皮質からのホルモンが出なくなることで起こる疾患で中年のコーギーちゃんでよく見かけます。
症状は嘔吐や下痢、食欲不振、元気がないなどの非特異的症状ででてくることが多いです。
電解質の異常がなければ9割は大丈夫ですが、まれに電解質に異常が出ないアジソン病もありますので、ホルモン自体の検査が必要です。

代表的なものを書かせていただきました。
もし嘔吐がひどく、どんどん状態が悪くなるのであれば点滴しながら結果を待つ間にも(早くても数日はかかりますので)これらの検査をしてもらった方がいいでしょう。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
他に聞きたいことはありますか?

犬 についての関連する質問