JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

loverai0210に今すぐ質問する

loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

4月3日に愛犬が小腸がんの摘出手術を行いました。脾臓にも小さな腫瘍があり、それも摘出しました。 2~3日で退院でき

解決済みの質問:

4月3日に愛犬が小腸がんの摘出手術を行いました。脾臓にも小さな腫瘍があり、それも摘 出しました。
2~3日で退院できると聞いていたのですが、白血球の数値が上がっていたため再度開腹をしてみたところ、「腹膜炎」を起こしていることが判明(4/8)。
お腹がきれいになるまで閉じないとのことで、4/11本日時点でまだお腹を閉じていません。

昨日は食欲もあり、朝と夜に病院でご飯を食べたようですが、夜中に嘔吐してしまったようです。
病院の先生からは小腸をつないだ部分が細くなっているからかもしれないので、明日午後にチューブを入れ、その後お腹を閉じると言われました。ひとまずは小腸を動かすための対処法としてのようですが・・根本は解決されていないので、すごく心配です。。

元気と、何か食べたい様子はあるようなのですが、体力も落ちてしまうのではないかと心配です。入院してもう10日になります。何か他に原因があるのでしょうか?

実家が遠方のため母から聞いている情報で、あいまいな説明になってしまっているかと思いますが、アドバイスを頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
こんばんは。
小腸癌の種類にもよりますが、悪性で腹膜炎を起こしたのであれば、おそらく最初のお腹を開けた段階で小さな癌細胞が腹膜にまで飛んでいたのだと思います。
そのような状態を癌性腹膜炎といいます。
他の臓器に は癌の所見がないとのことですが、残念ながら目に見えてない小さな癌細胞が他にもある可能性があります。
またお腹をあけるのなら、胃にチューブをいれるなどして、しばらくはそこから食事をいれておいたほうがよいかもしれません。このまま食べないで点滴だけだとどんどん衰弱していきますので。
今回の状態は他にも原因があるかというより、小腸の癌が全身状態を悪化させているのではないかと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.
早々にお返事を頂き、ありがとうございました。
腹膜炎は癌が飛んでいたことによる可能性があるのですね。
何か手術 中、後などに菌が入ってしまったのかと少し疑ってもいました。

すみません、もう少し教えてください。
チューブを入れることによって吐いてしまう症状は改善されるのでしょうか?
退院できる状態になったらしばらくは自宅でゆっくりと食事療法をしてあげたいと思っています。

また病院の先生を信頼していない訳ではないのですが、原因が分からない状態が続くのであれば、他の病院への転院を考えるべきかとも悩んでいます。
原因を突き止め、対処に移るまでにはこれくらい時間がかかるものなのでしょうか?
老犬で小さな体で体力が奪われていくことが心配で早く治療法などを明確にしたい気持ちがいっぱいで・・
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
チューブを入れるのは、今後もし口から食べれなくなったときのためにいれておくものです。また、嘔吐しやすいなら、そこから流動食を少しずつあげてもよいでしょう。
吐くのは、やはり小腸が原因かもしれませんが、見ていないのでなんともいえません。
ただ、癌性腹膜炎でも嘔吐は起きますので、小腸の癌部分をとったからといって、大丈夫というわけではないかもしれませ ん。もしかしたら外見からは見えない胃の内部に転移があるかもしれませんし。
とにかく癌というものは、見つかった時点でかなりの範囲に転移していてそれで嘔吐が起きることもよくあります。癌をとったからといってなかなか症状がすぐよくなるというものでもありません。

転院するのもよいと思いますが、また一から検査したりする必要があるでしょうし、余計わんちゃんの負担になるのではないかと思いますので、よくお考えになってからがよいと思いますよ。
質問者: 返答済み 5 年 前.
手術のために入院するまでは、食欲旺盛でほとんど吐くこともなかったので、手術後にそうなってしまうことが、”癌が原因”と片づけられてしまうことは受け入れ難いものです。
食べたい気持ちがあるので、食べられたら幸せだろうなと思います。

確かにこれ以上負担やストレスをかけたくないので、もう少し先生と相談してみます。

専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
そうですか…術後に吐くようになったのであれば、確かに術中感染などからの腹膜炎もあり得ますが、ただ癌の子に麻酔をかけてお腹を開けたというだけでも負担にはなってきますので、そういう問題もあるかもしれません。
もし転院される場合は、検査結果などすべて持っていって見てもらえば少しは負担も減るかもしれません。
今度お腹を開けるときは、内視鏡などで胃の中も見てもらって、念のため病理検査もされたほうがよいでしょうね。
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験: 動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

ユーザーの声:

 
 
 
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
< 前へ | 次へ >
  • 命が危ないから、すぐ病院に生きなさい、とご指導頂き、直ちに夜間診療に走り、尿道結石、並びに膀胱炎で、重篤な病状が見つかり、一命を取り止めました。本当に嬉しかったです。本日退院予定です。有難うございました。先生が、すぐ病院へ、とご指導して下さらなかったら、一日延ばしていたと思います。背中を押して下さった先生に大感謝です。 岐阜県大垣市 清水
  • 貴重なセカンドオピニオンをいただいた。 かかりつけ医師の診断結果を鵜呑みにしていたらペットは衰弱して死んでいた。このサイトでアドバイスを受けて、遠くでも良い医師の診断を受ける選択肢があることを知った。 今回のケースではギリギリ手遅れにならずに手術を受けることになった。地元に医師を軽んずる訳ではないが、別の専門医の意見を聞くことは重要と痛感した。 このサイトに出会えて良かった。かかりつけ医師の診断方法、投与薬、診断結果から技術不足を見抜いた。結局レントゲンをすれば原因はすぐわかることだったが、思い込みから実施しなかったと思われる。 いずれにせよ、このサイトの先生のアドバイスは納得のいく説明であった。 大阪府 別所
  • 緊急性があるな!!って思ったら仕事休んでも、夜の救急病院にでも行くと思いますが、あれ…!!何か様子がちょっと変か も…の状態が続き、仕事も忙しく、とにかく病院に 連れて行くのが大変!!!どうしようか迷いながら心配で仕事していても落ち着かない、もう一匹が病院に かかり2日間で五万、六万とお金がかかったばか り。そんな時ネットで調べていて、こ ちらにお世話になりました。救急では無く今の状態が飼い主の私自身が納得したかった。明け方でも夜中でも親切に対応して頂きそしていろんな症状も想定され納得しました。安心して仕事に出掛けれました。ありがとうございました。何かの時はまた利用させて頂きます。 東京都 藤田
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • yasuyuki

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/YA/yasuyuki/2011-8-27_24733_SN3A0090.64x64.JPG yasuyuki さんのアバター

    yasuyuki

    獣医師

    満足した利用者:

    258
    北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SH/shiratamaah/2011-8-29_12220_DSC0870.64x64.jpg shiratama_ah さんのアバター

    shiratama_ah

    獣医師

    満足した利用者:

    15
    勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/SP/spacevet1/2011-11-6_141713_2011kt.64x64.png 高橋 賢 さんのアバター

    高橋 賢

    獣医師、医学博士

    満足した利用者:

    8
    医学研究歴11年
  • http://ww2.justanswer.jp/uploads/LO/loverai0210/2011-9-6_22472_shirtF1.64x64.JPG loverai0210 さんのアバター

    loverai0210

    獣医師

    満足した利用者:

    984
    動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
  • /img/opt/shirt.png japavet さんのアバター

    japavet

    獣医師

    満足した利用者:

    2447
    獣医臨床歴6年
  • /img/opt/shirt.png issafd3s さんのアバター

    issafd3s

    獣医師

    満足した利用者:

    1082
    北海道大学獣医学部卒業
  • /img/opt/shirt.png atlus302 さんのアバター

    atlus302

    獣医師

    満足した利用者:

    318
    臨床家
 
 
 

犬 についての関連する質問