JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ミニチュアダックスフンド7歳のメスを飼っています。癲癇があり薬を飲んでるのですが最近、気になる 腫瘤が、乳頭の近辺

解決済みの質問:

ミニチュアダックスフンド7歳のメスを飼っています。癲癇があり薬を飲んでるのですが最近、気になる
腫瘤が、乳頭の近辺に出来ました。米粒ほどのものが一つだったのに更にここ、二週間程で新たに違う乳頭の近辺に 四つ出来ました。除去手術をしたいのですが、癲癇持ちで、全麻もリスクが伴うと言われ
まよっています。放置出来ないので早く取り除きたいのですが、行きつけの獣医からはよく考えて決断してと言われました。現在は元気ですが、万が一、手術時に最悪のケースになることも有ると言われました。
リスクを伴っても今後の事を考えて手術したいのですがどう思われますでしょうか?
腫瘍専門医にご意見おききしたいのですが………

みるちー
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

文章からの症状や経過からするとやはり乳腺腫瘍の可能性はかなり高いと思います。
湾ちゃんの乳腺腫瘍は悪性と良性が50%ずつといわれていますが、成長スピードが速かったり、多発するものでは悪性の頻度が上がります。
悪性良性を判断するには切除して検査センターに送らないとわからないので、手術前に知ることは不可能です。

癲癇もちの子は確かに麻酔をかけたくはない(術後に癲癇の頻度が上がる恐れがある)ですが、やはり麻酔をかけな いといけないことがある場合は、癲癇の子でも使える麻酔(脳圧に影響しない麻酔)を使うことで、癲癇を持っていない子とそれほど変わらないくらいのリスクで手術をすることが出来ます。

現在癲癇の発作が落ち着いているのであれば、内臓の検査(血液検査や聴診、レントゲン、エコーなど)でしっかり肝臓、腎臓、肺、心臓など麻酔をかける上で大事な臓器を検査して大丈夫であれば早めに手術をすることをお勧めします。
癲癇の子でも麻酔は出来ますので、出来ればそういった麻酔に慣れている病院でされることをお勧めします。
質問者: 返答済み 5 年 前.
癲癇の子でも安心な麻酔とは具体的にどんな麻酔ですか?
循環器の専門医の病院だと安心でしょうか?

質問者: 返答済み 5 年 前.
癲癇の子でも安心な麻酔とは具体的にどんな麻酔ですか?
循環器の専門医の病院だと安心でしょうか?

私は看護師をしておりますので、専門的に教えていただきたいのです。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
具体的にはプロポホールという麻酔です。

麻酔はほとんどの場合、導入と維持に分かれますが導入に注射の麻酔を使うことが多く、その場合に一 部のものは脳圧をあげてしまうといわれていますので、てんかんには禁忌です。
プロポホールにはそのような作用がないので導入財として使えます。

維持麻酔にはガスのイソフルレンやセボフルレンを使っているところがほとんどですが、どちらも脳圧には影響は少ないといわれています。

循環器の専門医というのは麻酔をみる訳ではありません。
日本ではまだ麻酔医という専門はありませんが、大きな病院で手術件数が多い病院であればプロポホールも置いてあるでしょうし、癲癇の麻酔にも慣れていると思いますので、そちらのほうが安心かと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.
やや質問内容がずれてしまいますが、本当なら本日、局所麻酔で腫瘤を取る予定 で、OPE予約をしておりましたが、全麻となると今日はできないとかかりつけの獣医から言われました。準備出来てないというのですが、
人間の病院で考えれば、?と疑問に思いまして……
何故出来ないのか、用意なんて直ぐに出来るだろうし、器具も有るのに?

と正直、不信感を持ちました。
動物病院でも、緊急のOPEはあるはず。
かかりつけの獣医の対応は如何なものでしょうか?

プロポホールを取り扱っていないからなのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
どういう事情があったのかはわかりませんが、可能性としては

1.ワンちゃんがご飯を食べてしまっている
2.全身麻酔をかけてする手術は時 間がかかるので、その時間が他の手術等でとれない
3.プロポホールを在庫として置いてない

などが考えられます。
もちろん緊急手術ならするでしょうが、一日を争うものでなければ万全を期すのが普通ですので、もし何らかの条件がそろっていなければ後日になることはあります。
ですので、もし局所麻酔で一部をとる予定だったものが、大掛かりな手術になるのであれば、後日になってしまうことは仕方のないときもあります(局所麻酔での乳腺腫瘍切除は30分以内ですが、もし片側全切除であれば2時間ほどかかることもざらです)。
一概にそれが悪い対応とは言えません。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問