JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5279
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

愛犬の歯石j除去のため、全身麻酔が必要といわれています。同日、狂犬病の注射もする予定です。 犬への負担、後遺症を心

解決済みの質問:

愛犬の歯石j除去のため、全身麻酔が必要といわれています。同日、狂犬病の注射もする予定です。
犬への負担、後遺症を心配していますが、問題ありませんか。
犬種;アメリカンコッカースパニエル、現在、7歳半です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして 診察はしていませんので文章のみからの推測にしかすぎません。
少ない文章からの推測です。
的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。
質問やさらにお聞きになりたいことがあれ ば情報や要望を入力をお願いします。

ややコッカースパニエルは心筋症の多い犬種です。
中年 齢ですから血液検査や心臓の聴診やレントゲン検査、超音波検査、血圧などが
できれば行っておいた方が安心だと思います。

通常は元気食欲もあり痩せてきていない、散歩をしてすぐにぐったりしないなど
であれば問題ない可能性が高いと思いますが100%安全な麻酔はありません。

ご心配であれば担当の先生と相談してしっかりと検査した上で麻酔をするかどうか
ご相談してください。診察や検査をしていない当方としては大丈夫であるか
どうかは判断できません。

狂犬病は無理に当日行う必要はないと思います。
麻酔をかけてその上に狂犬病ワクチンを打つと具合が悪くなる可能性があるので
個人的には同日に行うのはさけるべきだと思います。

wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問