JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

チャウチャウ 9歳 男の子についてご相談いたします。 2月初旬からご飯を食べなくなり、ついに1か月半前から何も食べ

質問者の質問

チャウチャウ 9歳 男の子についてご相談いたします。
2月初旬からご飯を食べなくなり、ついに1か月半前から何も食べていません。水のみです。アイスクリームも受付ません。1か月前にかかりつけの病院で検査をしました。血液検査はcrp以外は肝臓・腎臓・膵臓・血液 すべてが正常値でした。crpは1.5と高めでした。レントゲンは、背骨の骨 棘がありました。エコーでは、肝臓に多数の薄い影がありました。現状は何も治療はしていません。点滴もしていません。
一番の心配は何も食べていないことです。たまに少量の透明な泡状の液体をはきます。33kgあった体重が10kg落ちました。足取りはしっかりしていています。庭にでたり、どこにいても、玄関への送迎をしてくれます。
肝臓の薄い影が癌の可能性が高いことも言われましたが、検査の負担を考えるとどうしたらよいかわかりません。
犬って、こんなに長い間食べなくても大丈夫なんでしょうか?それと、肝臓が悪いと食べ物を全く受け付けなくなるのでしょうか?なにぶん原因もわからないので、不安で質問させていただきました。よろしくお願い申し上げます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

肝臓の影に関しては肝炎や肝硬変、肝臓腫瘍であったりする可能性がありますが、肝機能検査(肝臓の数値ではなくて、総胆汁酸などの肝機能検査)はされていますか?
それをすれば肝硬変は除外できま す。
それから肝炎は通常は肝酵素があがりますので、そういうことがなければ違うでしょう。
最後に、肝臓腫瘍に関しては、肝臓ののリンパ腫などではそのように薄い多発性の影が見えることがあります。

もし嘔吐や下痢があるのであれば消化器や膵臓の検査もした方がいいですが、そういうことがなければまずは肝臓の針生検(皮膚から細い針をさして細胞をとってくる)をされた方がいいでしょう。
凝固系検査で問題なければ、鎮静などだけでできる検査なので負担はそれほど多くありません。
原因を突き止めないと治療ができませんので。

肝臓の腫瘍などあれば、気分が優れず、食欲が出ないことは多いです。
まったくたべなくても不思議ですはありません。
このまま食べないと悪液質という状態に体がなってしまうので、早めに調べてもらった方がいいでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご返答ありがとうございました。

血液検査の結果ですが、

  ALB 3.1g/dl

ALT 33U/L

AST 37U/L

TBIL 0.4mg/dl

WBC 7.5×10の9乗/L

 

でした。

 

最悪の場合の肝臓のリンパ腫でしたら、完治はするのでしょうか?

 

治療はどうするのでしょうか?

 

今、何も口にしないので、投薬は無理だと思います。

 

あと、素人なんでバカな質問しますが、リンパ腫でも白血球が正常値ってあるのでしょうか?

 

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご返答ありがとうございました。

血液検査の結果ですが、

  ALB 3.1g/dl

ALT 33U/L

AST 37U/L

TBIL 0.4mg/dl

WBC 7.5×10の9乗/L

 

でした。

 

最悪の場合の肝臓のリンパ腫でしたら、完治はするのでしょうか?

 

治療はどうするのでしょうか?

 

今、何も口にしないので、投薬は無理だと思います。

 

あと、素人なんでバカな質問しますが、リンパ腫でも白血球が正常値ってあるのでしょうか?

 

 

犬 についての関連する質問