JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

13歳ダルメシアン老人性前庭疾患で入院(病歴はなし)ステロイドと抗生物質の点滴4日目に血糖値が450にアップ(入院時

解決済みの質問:

13歳ダルメシアン老人性前庭疾患で入院(病歴はなし)ステロイドと抗生物質の点滴4日目に血糖値が450にアップ(入院時140)動悸がして心雑音が聞かれるようになり(3か月前の心エコーは異常なし)(入院前は症状なし)インシュリン注射と抗生物質DCで血糖値は250ぐらいに3日かけてダウンし雑音は軽減している。ステロイドの副作用と考えていますが血糖値は犬は徐々に正常に下げていくのですかその間高血糖ですがほかの臓器に影響ないのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

確かに血糖値が上がったのはステロイドの副作用だと思われます。
ただし、4日ステロイドを使って血糖値がそこまで上が ってしまうのであれば、糖尿病の訴因がかなりあってきっかけがあれば糖尿病になってしまうという状態だった可能性は高いと思います。
通常はステロイドの使用をやめれば2,3日でかなり戻って行きますし、完全にステロイドだけのせいであれば、そのあともステロイドさえ切っていれば通常の血糖値を維持してくれるますが、そういう状態ではない可能性があります。
その場合は、微量のインスリンが今後必要になってくるかもしれません。

数日や1週間程度のある程度の高血糖(300程度)であれば臓器に影響を与える心配はまずないと思います。
新雑音が出たのは点滴による影響(体内の水分量が増えたことによる心負担)ではないかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問