JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

原因不明の炎症と肝障害で入院していました。血液検査をみると胆管炎の様な血液所見です。ALP65000 WBC26500 Bil7.8まで上昇し、点滴に手Peak

解決済みの質問:

原因不明の炎症と肝障害で入院していました。血液検査をみると胆管炎の様な血液所見です。ALP65000 WBC26500 Bil7.8まで上昇し、点滴に手Peak outしました。超音波では肝炎様所見で、原因は特定できませんでした。データー改善がみられたので昨日退院してきましたが、本日食欲はありますが、やや元気がないような感じです。ただ、年齢も10歳なので、年相応な気もしますが、心配です。犬にも胆管炎って起こるんでしょうか?また原因は何が考えられますか?胆石はありません。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
こんにちは。
犬にも、もちろん胆管炎も肝炎もありますよ。
ビリルビンやALPもかなり高いですし、確 かに胆管近くの炎症があるのだと思います。
あとは、その近くにある膵臓の炎症や腫瘍などの可能性もあります。
また、肝臓の場合はエコーで発見できなくても、腫瘍がある可能性もあります。
胆石や胆汁が貯まっているとかであれば、食事の影響もありますが、それらがなければ何が原因というよりその子の体質的なものがあると思います。

肝臓はなかなか点滴を続けても症状が激変しないことがほとんどですが、点滴や抗生物質を使うことくらいしか今の状態でやれることはないかもしれません。
食欲が落ちれば点滴をまた続けるということがしばらく続くと思います。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問