JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ケアンテリアを飼っています。朝起きたときに左目をショボショボさせていたので母親が病院に連れて行きましたところ「角膜潰

解決済みの質問:

ケアンテリアを飼っています。朝起きたときに左目をショボショボさせていたので母親が病院に連れて行きましたところ「角膜潰瘍」だといわれました。目薬を4種類(ベストロン・ティアローズ・パピテイン・ティアール)をいただき2週間ほど目薬を一日4回していましたが治らず「難治性の角膜潰 瘍の可能性があるので手術したほうがいい」と言われました。歳は10歳でいままで病気もしたことがほとんどなかったので、手術は可哀想と思って、かかりつけの病院にいきました。
そこでは「角膜外傷」と診断され同じように目薬{ロメワン・ヒアレイン・アトロピン}を処方されました。アトロピンを点眼したところ痛がるようなしぐさや目をショボショボさせるようになったので先生に問い合わせたところ、稀にある症状なのでとりあえず一旦アトロピンをやめるように言われました。
アトロピンを点眼してからどうみても左目が白く濁ってきたように思えて仕方がありません。
先生にみせたところぶどう膜が炎症をおこしているのかもと言われました。
なにか嫌な予感がするのですがアトロピンを点眼してから左目が白く濁ることはあるのでしょうか?またなにか別に考えれられることはありますでしょうか?よろしくお願いいたします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

まずアトロピンですが散瞳剤(瞳孔を 開くお薬)ですので、それで眼が白く濁るということはありません。
緑内障の場合は眼圧をさらに上げてしまうことがあるので注意が必要ですが、それ以外の場合は特にアトロピンが害になることはありません。
目を痛がるようなしぐさやしょぼしょぼさせるというのは、おそらく散瞳作用がでて目が眩しかった(明るい場所でも瞳孔が開くのでまぶしくなります)のではないかと思います。

それから眼が白く濁るという場合には角膜が白く濁る場合と、その奥が濁る場合があります。
前者では角膜潰瘍による角膜浮腫という状態ですが、これは角膜潰瘍がひどい場合におこります。
慢性化しなければ角膜潰瘍の治療をすれば元に戻ることがほとんどです。

後者はぶどう膜炎や白内障で起こりますが、特にぶどう膜炎はそれ用の治療(内服薬など)をしないとよくなってきません。

ある程度眼科の知識のある先生であれば、このどちらかなのかは見た目で判断できますが、ややこしい症例となると、専門性が高くなるので眼科の専門医でないと診れないことも多いです。
できれば眼科専門の病院で一度見てもらうことをお勧めします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

眼圧は全く異常ありませんでした。今は角膜に傷が行っているのでステロイドを使っての治療(ぶどう膜炎)はできないといわれました。角膜外傷からぶどう膜炎になったりするものなのでしょうか?あとやはり手術をするほうがいいのでしょうか?自分自身仕事をしていますのでなかなかずっと一緒にいれるわけでもなく、目薬も朝と仕事帰ってからになってしまいます。

角膜腫瘍という写真もみせていただきましたがああならないかと心配でなりません・・・

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

ぶどう膜炎の治療は確かにステロイドも使いますが、角膜潰瘍を併発している場合は内服薬で使います。
点眼でのステロイドは角膜潰瘍では禁忌ですが、内服のステロ イドは使えます。

角膜潰瘍から炎症が波及してぶどう膜炎になるということは考えられます。

手術をするべきかどうかに関しては本当に難治性の角膜潰瘍であれば手術をすべきかと思います。
ただし、角膜腫瘍というのは全く原因が別ですので、角膜潰瘍がひどくてなるわけではありません。
角膜潰瘍がひどくなった場合は、角膜穿孔といって角膜に穴があいてしまうことはあります。


ですので、現在の目が白いのが、角膜の濁りなのかその奥の濁りなのかをしっかり見てもらい、それに適した治療をされるのがいいでしょう。
また手術適応になるのかどうかも一番いいのは眼科専門医に診てもらうことです。

目薬に関してはできるだけさしてもらった方がいいので、協力してもらえる人に頼むか、朝、帰ってから、寝る前などできるだけ回数を上げた方がいいです。
それから、手術をできるだけ避けたい場合は、もし点眼が必要な回数できないのであれば1週間ほどしっかり点眼をするために入院ということをする場合もあります。
質問者: 返答済み 5 年 前.

なんどもすいません。白く濁っているところは角膜ではなくレンズのところだと言われました。

角膜潰瘍ではなく角膜外傷だともいわれました。

こういったおおきなケガは初めてなのでほんとにどういったことをしてあげればいいのかわからないです。

目薬を約2週間以上(種類は変わりましたが)をしていますがあまり傷はよくなっていないような感じです。エリザベスカラーも常時つけています

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
おそらく角膜外傷というのは角膜の外傷があって角膜潰瘍があるという意味だと思います。
ロメワン・ヒアレイン・アトロピンは角膜潰瘍の治療で使う薬です。
特にヒアレインは角膜保護のお薬ですので、角膜潰瘍はあるのだと思います。

今の治療では角膜潰瘍はよくなる可能性があるとしても、ぶどう膜の炎症はよくなることはありません。
ほんとうにレンズの部分がにごっているのであればそれ以外の治療を入れないとよくはなりません。
また角膜潰瘍も点眼2週間でよくならない場合は、点眼の変更や内服薬の追加が必要になりますので、他の治療法を考えてもらった方がいいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
すいません。
種類は変わっているのですね。

ただし、ぶどう膜の炎症は目薬だけではよくはなりません。
やはり治療方法の変更が必要でしょう。

犬 についての関連する質問