JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ブルドック8歳♂が体中をかきます。以前に抗生物質を処方してもらい飲ませるとすぐ良くなりますが、薬がなくなって1カ月位

解決済みの質問:

ブルドック8歳♂が体中をかきます。以前に抗生物質を処方してもらい飲ませるとすぐ良くなりますが、薬がなくなって1カ月位すると再発します。毛が抜け始め、痒すぎるのか食欲もなくなるようです。ただ、ドッグカフェや大きな公園など、2時間程外出する時は、家以外のところでは殆どかきません。何にアレルギー反応をしめしているのかわからないため、不安になります。
餌⇒朝晩2回 シャンプー⇒週一回 散歩⇒週一回

アレルギー以外にストレスで以上に痒がるという事はありますでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

ご質問ありがとうございます。

ストレスにより異常に体を掻くということはよくあります。
いくらかゆみ止めを飲ませても体を掻いてしまう子で向精神薬を処方して落ち着くという子もいますので。

ただし、外出中や何かに夢中にな っているときは掻かないというのは、精神的なものだけではなく、それほど強いかゆみでない時などではよくありますので、精神的なものと決め付けることはできません。

特にブルドッグちゃんは膿皮症(細菌性の皮膚炎)やアレルギー等が多いので、やはりそれらをしっかり鑑別する必要があるでしょう。
アレルギーは診断が困難になるケースが多いですが、血液検査でアレルギー源になっている可能性が高いものが分かりますので、それらを避けるような生活(食事や散歩コース、お家の中のものなど)をすることで症状を改善することができることが多いです。
アレルギーは一生付き合っていかないといけない病気ですので、一度しっかり検査をして、治療方針をしっかり相談しておいて貰った方がいいかと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。

 

病院で血液検査をした結果、体内に以上はなく「アレルギー性皮膚炎」という診断で、得に「コレがダメ!!!」というものはわかっておりません。

 

3つの病院にいきますが、大体どこも同じ回答です。

 

2か月程前にいって、また再発しており、正直料金の負担もかなり多くなってきているため、

何か事前に出来る具体的な対策があれば、教えて頂きたいと思いました。

 

それでも無理なら、やはり再度病院につれて行こうかと思います。

 

おそらく今行っても、薬をもらって終わりで、またきれたらかゆがってしまうと思われます。

 

何か、アレルギー反応示す具体的な方法等はありますか?(まずは家で出来る事で。。)

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
血液検査というのはアレルギー検査の血液検査をされましたか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

アレルギー検査はしておりません。

 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
通常の血液検査ではアレルギーはわかりません。
少し費用はかかりますが、アレルギーの検査をされることで、アレルギーの原因になりえる(その子が反応しやすい)物質(食品、花粉、ハウスダスト、布などの生地)が分かりますので一度やられるといいと思います。
それで出てきた物質を避けることで、ましになってくれることも多いです。

あとは一般的にアレルギー体質の子に進めるのは
1.アレルギー食
2.空気洗浄機(ハウ スダスト対策)
3.アレルギーの子用の低刺激性のシャンプー(薬用シャンプーであれば2日に1回も可能です)
といったことになります。

お家で出来るアレルギーの診断方法というものはかなり難しいです。
即時性のアレルギー(蕁麻疹など)であれば原因となるものはわかりやすいですが、アレルギー性皮膚炎の場合は遅延型反応で出ているケースがほとんどですので、原因が何かを探ることは不可能に近いと思います。

アレルギーに関しては長期的な治療が必要になります。
単に薬をしばらくもらうだけではその時だけよいという状態になりますので、できれば皮膚が得意な先生に長期的な治療を考えてもらった方がいいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
他に聞きたいことはありませんか?

犬 についての関連する質問