JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

約1ヶ月前から、嘔吐と下痢を繰り返し 下痢止め嘔吐を止める薬を処方してもらいました。 血液検査と触診をしたが以上

解決済みの質問:

約1ヶ月前から、嘔吐と下痢を繰り返し
下痢止め嘔吐を止める薬を処方してもらいました。
血液検査と触診をしたが以上はなかったらしいのですが
それでも、まだ嘔吐を繰り返すのでレントゲンを撮った
のですが、以上は見あたらないということでした。
 しかし、咀嚼することもだんだん出来なくなり、折角
食べた餌も、嘔吐してしまいます。
このまま現在の病院で大丈夫か、他の検査はあるのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

ご質問ありがとうございます。

1カ月前から下痢と嘔吐を繰り返すというのはよくないです。
もう少し突っ込んだ検査が必要でしょう。
血液検査と触診、レントゲンで異常が見つからない病気としては

1.レントゲン透過性の異物(金属など一部のものを除いては単純レントゲンではうつってきません)
2.膵炎
3.IBD(炎症性腸疾患)
4.胃腸の腫瘍
等といったものが代表的なものとしてあげられます。

1であればバリウムレントゲンが有効なことが多いです。特におもちゃなど食べ物以外を飲み込んでしまう癖のある子は要注意の病気です。

2は超音波検査や特殊な血液検査で診断することが多いですが、超音波は施術者の技術と超音波の機械自体の性能によって診断がかなり左右されます。

3と4は内視鏡検査で診断をつけることが多いです。

おそらく、現在行かれている病院でできることとできないことがあるのではないかと思いますが、通常は症状と血液検査やレントゲン検査から、どの病気が一番怪しいか推測して順番に検査をしていくことが多いです。
今の病院で出来る限りのことをやってもらい、それでも診断がつかないのであればセカンドオピニオンを聞きに他の病院へ行かれるか、二次病院を紹介してもらうのがいいでしょう。
通常、消化器疾患を得意な病院には内視鏡が置いてあることが多いので、内視鏡のある病院で診てもらうことをお勧めします。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
もう一つ質問ですが、租借出来ない…餌を食べにくくなっている事は、どういう理由からでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
承諾ありがとうございました。

それに関してはいくつか可能性がありますが、下痢やおう吐との関連性ははっきりしません。

可能性としては
1.神経の異常:脳炎や顔面神経麻痺など
2.筋肉の異常:筋炎など
3.口の中の異常:歯が抜けている、口内炎で口に痛みがある
4.電 解質の異常:慢性嘔吐では低カリウム血症になることがあり、低カリウム血症は神経伝達に影響します。

といった可能性があります。
嘔吐の原因がIBDの場合、自己免疫疾患だと言われていますので、自己免疫が脳や神経、筋肉、粘膜などにも影響すれば1~3のようなことが起こることは考えられますが、はっきりとした因果関係があるのか、全く関係なく出てきているのかはわかりません。
両方ともしっかりとした検査が必要かと思いますが、まずは嘔吐、下痢の原因をしっかり検査してもらうことが必要でしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問