JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

我が家の 8歳の大型犬(28キロ)・男の子・去勢ずみ は 2歳の時 突然 半身麻痺になりました。 検査の結果 脳脊

解決済みの質問:

我が家の 8歳の大型犬(28キロ)・男の子・去勢ずみ は 2歳の時 突然 半身麻痺になりました。
検査の結果 脳脊髄炎ということで 命も危ぶまれましたが 1か月半の寝たきり生活の後
よちよちながら 歩けるようになりました。
 
が、排泄は自分でコントロールできず 尾っぽも 振ることはありません。  階段の上り下りも
もちろん できません。

よちよち と 約5年間歩いておりましたが 去年の初めごろから 後ろ脚が 弱くなって
立ったままでいるのが 徐々に 困難になり (それでも 歩いているときは かなりの距離 
歩くことができていました) 9月になってから 立ち上がることも 歩くことも 出来なくなりました。

今は 歩けなくなって 半年ちょっと経ちましたが 車椅子で お散歩をしています。
車椅子に 乗り始めたころは 後ろ両脚 吊っておりましたが 最近は 後ろ左脚は 吊らなくても
ちゃんと 地面を踏んで歩いています。

また 立ち上がることはできませんが ご飯を食べる間なら 立たせてあげれば 
立っていることができるようになりました。

しかし 右後ろ脚は ピーンと伸ばしたままだったり 左脚に絡まるように エックス字型 になったり
踏ん張ることができません。  ナックリングもしています。

お聞きしたいのは 以上のような状態でも 再び 自力で立ち 自力で歩くことが出来るようになるか
どうか という事です。

もちろん この文章だけでは なんとも お答えしようが ないと思いますが 今までの ご経験で
我が家の犬のような状態の子が 再び歩けるようになったことが あるか どうか だけでも 
お答え頂ければと思います。

また このような子にたいして 何かアドバイスがあれば お教えください。

ながながと書きましたが どうぞ よろしく お願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

正直な意見を書かせていただきますとかなり厳しいと思います。

原因がおそらく神経的なものであること
年齢が高齢になってきているため、それ以外に関節炎なども起立を困難にしている要因になっている可能性があること
大型犬であるため、半年経っていると右後ろ脚には自分で下半身を支えるだけの筋力がなくなっている可能性が高いこと

など不利な条件がかなり多いです。
もし可能性を探るのであれば、リハビリ専用のプール(最近では置いてある病院はふえてきています)でリハビリすることですが、残念ながら可能性としてはかなり低いと思います。
小型犬の子であれば回復する可能性があるのでやってみる価値はあるとお答えしますが、大型犬の子ではそのようになってから回復したことは診たことがありません。
可能性はゼロではないので飼い主さんが少しでも希望があるのであれば…ということであればリハビリに力を入れている病院に相談されるのもいいかと思います。


それから下半身が不自由になった子の生活としては
・あまり太らせない
・他の筋力が落ちないようにできるだけ車いすでもいいので運動させる
・床ずれなどしないように、引きずってすれる個所やずっと下になっている場所には柔らかい布などをあてる

といったことになります。
大型犬の子は寝たきりになってしまうとかなり看病が大変ですので、現在されているようにできるだけ車いすなどで運動させていただくことをお勧めします。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問