JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

アメリカンコッカースパニエル オス 11歳 以前から後ろ脚が時々痙攣することがありました。 2月から下痢

質問者の質問

アメリカンコッカースパニエル オス 11歳

以前から後ろ脚が時々痙攣することがありました。

2月から下痢が続き、ある日突然歩けなくなってしまいました。病院では大腸炎とヘルニアと診断されました。

脚よりも下痢を直す方が先ということで薬を処方され飲みましたが改善はほとんどなく、最近では餌も全く口にせず、食べても数時間後に吐き出してしまいます。

病院を変えてもう一度診てもらった方がいいのか…
回答よろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
こんにちは。
確かに足の方はヘルニアなどの神経性の問題の可能性は高いと思います。
歩けないというのは全く立てないという状態でしょうか?
神経性の問題以外には骨肉腫などの腫瘍の可能性もあります。
また、老齢で慢性の下痢でお薬でなおらないのであれば、腸の腫瘍の可能性もあります。
食べてもすぐ吐いてしまうという症状も、やはりおかしいですので
もしかしたら全身性の腫瘍の可能性もあります。

できるなら、内視鏡やエコーのある大きな病院でもう一度見てもらったほうがよいと思います。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
立ち上がれるけどふらつくのであれば、やはり神経性の可能性が高いでしょう。
大学病院が近くにあるようでしたら、そちらを紹介してもらってもよいかもしれません。

犬 についての関連する質問