JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

初めまして。10歳になるゴールデンの女の子を飼ってます。1月の中旬にドッグ検査を受けお墨つきの健康状態と言われたので

解決済みの質問:

初めまし て。10歳になるゴールデンの女の子を飼ってます。1月の中旬にドッグ検査を受けお墨つきの健康状態と言われたのですが2月の中旬から急にご飯を食べなくなり数日様子を伺ってたものの相変わらずなので病院に行って検査したところ脾臓に明らかに変なものがあり至急手術をしたほうがいいということで2日後に緊急手術したもののその時既に脾臓が破裂してしまっていて九死に一生を得てなんとか全摘出したものの病理検査の結果はやはり悪性の血腫瘍といわれ余命15日から1か月と宣告されました。
摘出手術してから2週間ほど過ぎましたが今のところ元気にしていてご飯もそこそこ食べてくれてます。退院してからはご飯は手作りで作ったものを食べさせてます。
こんな病状での食べさせるものでの注意点やどんなものを与えたらいいのか、気をつける点などありましたら是非教えていただきたく思います。最近は散歩をするとやたらと草を食べたがります。胃腸の調子が悪いのでしょうか?
いろいろアドバイスをよろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

脾臓の血腫瘍はおそらく血管肉腫のことではないかと思います。
確かにこの腫瘍は破裂した場合は転移をしていることが多く、転移は急速に悪化しますので、手術で取っても転移でなくなってしまうことが多いとは言われていますが、僕は数例、脾臓の血管肉腫が破裂して摘出した子でも1年以上生きている子を知っています。
ですので、楽観はできないもののそういう希望もあると思ってもらった方がいいです。

ご飯に 関しては特別注意するべきことはなく、一般的な高齢の子と同じでたんぱく質をあまり多く与えすぎないようにするということが大切かと思います。
内容自体は問題ないと思うのであとは配分をしっかりする必要があるかと思います。

あとはサケやサバ、マグロなどの魚油に含まれるω3脂肪酸には癌の抑制効果があるといわれていますので、それらを少し足してもらってもいいかと思います(多すぎない程度にバランスを取ってください)。

草を食べたがるのは、胃腸の荒れがある場合と、食事内容の変更に伴う場合、あるいは手術後の体調の変化によって起こる場合もあります。
食事内容のバランスにはしっかり気をつけてもらい、食欲があって吐いたり下痢したりがなければそれほど気にしなくてもいいと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

早々にとてもわかりやすいご返答いただきありがとうございます。数例の生きてる子がいると聞いて本当に嬉しく思います。希望を持って過ごしていきたいと思います。

ご返答の内容の配分をしっかりする必要・・・というところが・・難しいですね。

30キロくらいの子なのですが手作りのご飯はどれくらいの量が必要かが正直よくわからないであげています。残せば多すぎたのか、完食したらもう少しあげたほうがいいのか・・と考えていけばいいのでしょうか?今あげている物プラス先程教えていただいたサケやマグロ、サバを少したせばいいのでしょうか?あと牛肉や豚レバー、鶏肉は少量ならばこれからもずっと与えていいのでしょうか?

とにかく私ができるのは食事くらいなのでご飯を喉をならしながら食べてくれてることだけが今は何よりの救いになってます。詳しくご指示いただけると幸いです。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
まずここに必要カロリー計算が乗っていますので、参考にしてみてください。
http://www.vets.ne.jp/cal/pc/dog.html

ここで 計算したカロリーと食品に含まれるカロリーがだいたい合うように一日の食事量を決めていきます。
ゴールデンちゃんは太りやすい子が多いので、食べれる量を上げていると太ってしまう子も多いです。

それから肉類は大量でなければいいです(アレルギーが出ないか注意はしてください)
それから魚類も少し足すか、肉を減らして少し多めに足してもいいでしょう。

手作り食に関しては理想を言うと手作り食のセミナーに出て基本を学ばれてからの方がいいとは思います。
食事の栄養バランスを取る一番の方法はやはり市販の高齢犬用のフードになりますので、セミナーなど正式に習っていない場合は、半々程度にするのもいいかと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

たくさんの参考になるご回答をありがとうございました。手作り食セミナーも大変興味がありますが今は一日一日彼女の様子を伺いながらの毎日がいっぱいいっぱいでとても気持ちに余裕がありません。

カロリー計算を参考にしばらくは自我流で具合を見ながらやっていこうと思います。

あと1つ質問ですが今まで与えていたドックフードを術後全く食べなってしまい今日まで手作り をしているのですが病院の先生は、退院して精神的にも落ち着いてきたらまた食べるようになるとおっしゃってますがわたしが一度食事を元のフードに少しずつでも戻そうと茹でたカボチャやじゃがいもの中にフードを入れてふやかして食べさそうと思ったのですがその時のフードの特有の油のにおいに自分が気持ち悪くなり、こんなのよりも自分が作ったものを・・・・・という私の勝手なエゴで作ってます。でもやはり食べてくれるなら最終的にはフードに戻してやったほうが栄養のバランス的にもいいのでしょうか?いろいろお尋ねしてしまい申し訳ありません。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
今一般的に言われているのは、総合栄養食は栄養素としてはしっかりバランスが取れてはいるけれど、手作り食と比べると添加物など が入って入るので、特に皮膚や肝臓が弱い子の場合には、手作り食で栄養バランスが取れるのであれば、一番理想的かと思います。

ただし、栄養バランスがくずれてしまうよりはずっと市販フードの方がいいので、そのあたりがうまくできるかどうかということになってきます。
半々くらいであれば大きなバランスの崩れはないものと思うので、食べてくれるのであれば、半々くらいにしておいた方がいいかと思います。
栄養のバランスさえしっかりとれれば市販のご飯にする必要はありませんが、独学では難しいことが多いのが事実です。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問