JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5399
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

15才のシーズー♂です 尿道結石です 食欲もあまりないし、水も飲まず元気もありません おしっこがちょろちょろとしか出ないし残尿感もあるため、ずっとトイレにいる状態です 医師

解決済みの質問:

15才のシーズー♂です
尿道結石です
食欲もあまりないし、水も飲まず元気もありません
おしっこがちょろちょろとしか出ないし残尿感もあるため、ずっとトイレにいる状態です
医師には、高齢だし手術はあまりお勧めできないと言われました
でも、今の状態がずっと続いては、家族も大変だし辛いのです
手術するべきでしょうか?やはり高齢なので、やめたほうがいいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして 診察はしていませんので文章のみからの推測 にしかすぎません。
少ない文章からの推測です。
的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。
質問やさらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。

手術が出来るかどうか大学や2次診療施設で評価してもらいましょう。

できそうなら手術すると良くなるでしょうし
小さいものであった場合には手術なしで解除できる場合もあります。

そのあたりは難しい状況に慣れている大学等で相談してみるのがよいでしょう。

お大事にどうぞ
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答が不完全. 15才シーズー♂です尿道結石です排尿が困難で、残尿感もあるため、ずっとトイレにいる状態ですおむつをしないといけません石はレントゲンの結果大きいです入院して石を上に移動させたようですが、入院前と状態は変わりません医師は手術して石を取り除くしかないが、高齢なため手術はあまりお勧めできないと言いました高齢なので、手術はしないほうがいいでしょうか?それとも取ったほうがいいでしょうか?手術をすると、寿命が縮むとも聞いたことがありますどうしたらいいでしょうか?
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
ええと尿道結石は改善したのでしょうか?
現在は膀胱にだけ結石があるということでしょうか?

手術が可能なのかリスクが高いのかは心臓や腎臓、肝臓などの状態によって
異なります。麻酔のリスクや全身状態、手術を行えるかどうかの
精密な評価(血液検査、レントゲン検査、超音波検査:腹部、胸部、血圧、尿検査)をしてもらいった上でリスクが高いと担当医が言っていたのかあるいは
単に高齢だから1次診療の病院では技術的に難しいので手術を行うことは難しいと
言っていたのでしょうか?

大学や2次診療の病院ではそういった難しい症例が 集まっています。
ですから手術はもちろん行った方が良いのですが、
本当にリスクが高くて行うと亡くなったりする可能性があるのかそれとも
手術が可能で改善する可能性があるのか相談してみてはいかがでしょう

診察なしには本当に手術を行った方が良いのか当方には評価はできませんが
経験からすると意外と15歳でもキチンと麻酔が大丈夫かどうか検査すると
出来るだろうということは多くあります。

単に1次診療の病院では手に負えないだけなので無理だと言うことが
ほとんどです。15歳まで特に膀胱結石意外にはもし病気知らずなら
なおさらです。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問