JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

パグ犬の女の子7歳です。

質問者の質問

パグ犬の女の子7歳です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

レン トゲンではヘルニアはわかりませんので、ヘルニアである可能性も十分あると思います。
ヘルニアの場合は、ひどい場合は麻痺が出てきますが、軽い場合は痛みやふらつきだけ出てくることもあるので、症状は一致しています。

症状としては背中の痛みの可能性が高いかと思いますので、考えられる病気としては、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、脊椎奇形、脊髄の腫瘍などによって脊髄が圧迫され手痛みが出ているものと思えます。
通常は変形性脊椎症や脊椎奇形であればレントゲンでわかりますので、レントゲンで見つからないとなるとヘルニアや脊髄腫瘍などが怪しくなってきます。

症状がひどくなっているのであれば、早めにCTやMRIなど、詳しく見てもらう検査をされたほうがいいと思います。
まだ、7歳ですので、しっかり診断してもらい、治療してもらうことが必要かと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ヘルニアや脊髄腫瘍は命に関わることはありますか・・・?

CTやMRIは全身麻酔になってしまうのですか?

パグは全身麻酔に弱いと聞いているので出来るだけ避けたいのですが・・・

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
承諾ありがとうございます。

ヘルニア自体は命にかかわることはありませんが、ひどくなると後 肢麻痺を起こすことがありますので、そうなると排尿排便が自分で出来なくなる可能性はあります。
また、あまり多くはありませんが、ヘルニアの数%で進行性脊髄軟化症といわれる致死的な状態を引き起こすことがあります。

また、脊髄腫瘍は全身へ広がって命にかかわることはあります。

確かにパグちゃんの場合は、気管が狭い子が多く、全身麻酔のリスクは普通の子よりは多少は高くはなりますが、術前検査と麻酔管理をしっかりすることでリスクはかなり減らせます。

全身麻酔をどうしても避けたい場合は痛みどめ(ステロイドやNSAIDsなど)で様子を見ることになりますが、強い病変がある場合や腫瘍がある場合は、内服治療では限界が出てくるものと思えます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。

早速病院に行ってきたいと思います。

 

二回目の質問に対しても料金は発生するのですか?

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
その方がいいですね。

これは承認ボタンを押さない限り料金は発生しません。
一度承認していただいていますので、これ以上の承認は要りません。
そのままにしておくか、質問を閉じていただければ大丈夫です。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。

初めてのサイトだったので、不安でしたが細かく説明して頂き

助かりました。

料金も良心的で安心です。

 

全身麻酔は不安ですが、原因が分からない方がもっと不安なので

明日にでも行ってきます。

 

本当にありがとうございました。

大変助かりました。

また利用させていただいます。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
はい、いい結果になることをお祈りしています。
また何かあればご相談ください。

犬 についての関連する質問