JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5328
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

最初は鼻に湿疹が出来ていたので、動物病院で抗生剤と薬をもらい 2ヶ月たちました。 今は、湿疹が口の周りまで広がり

質問者の質問

最初は鼻に湿疹が出来ていたので、動物病院で抗生剤と薬をもらい
2ヶ月たちました。
今は、湿疹が口の周りまで広がり、
治る気配がありません。
今かかっている獣医さんが悪いとは思っていませんが、
いつまでたっても回復してくれないわがこが、かわいそうで仕方ありません。
いまでは、目やにもすごくなり、どうしていいのかがわかりません。
どうかわが子をたすけてください。
お願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして 診察はしていませんので文章のみからの推測にしかすぎません。
少ない文章からの推測です。
的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。
質問やさらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

犬種や性別、年齢、食餌の内容

飲んでいた抗生剤の種類、塗り薬の種類を教えてください。

質問者: 返答済み 5 年 前.

犬種は柴犬 メス、6歳です。

食餌は森乳のスーパーゴールド、グリニーズ、その他クッキー等です、

 

抗生剤はラリキシン250ミリグラムを1日2回と、抗ヒスタミン剤(白い錠剤2粒)と塗り薬(皮膚薬)は種類がわかりません。(それぞれ1日2回)

 

他にはわかりません。

 

 

 

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
おそらく免疫介在性の皮膚炎である可能性が高いでしょう。

天疱瘡、落葉性天疱瘡、紅斑性天疱瘡などの皮膚病だと思います。
血液検査(生化学検査、免疫についての検査)や皮膚の部分的な切除生検が必要でしょう。

普通の病院だと手にあまる症例でしょう。

大学や皮膚を専門に扱う病院で一度検査を受けましょう。

ご参考までに
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。

すみません、この症状が出る少し前に、猫に鼻をひっかれています、要因でしょうか?

また、治せる病気なのでしょうか?

宮崎県在住です。

病院を紹介していただけませんでしょうか。九州圏内であればいいのですが。

よろしくお願いします。

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
おそらく関係ないでしょう。

宮崎大学で診察をうけるとよいでしょう。

犬 についての関連する質問