JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
arinkoに今すぐ質問する
arinko
arinko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 186
経験:  小動物臨床経験が16年になります。
61199096
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
arinkoがオンラインで質問受付中

はじめまして、宜しくお願い致します。 犬の出血で悩んでいます。 2月7日に大量出血(2~30センチくらい)膀胱からの出血でした。 以前から少しずつ、時々ありましたが気にと

質問者の質問

はじめまして、宜しくお願い致します。

犬の出血で悩んでいます。
2月7日に大量出血(2~30センチくらい)膀胱からの出血でした。
以前から少しずつ、時々ありましたが気にとめませんでした。

8日病院に行き検査をしました。尿検査(尿比重は1.008.ph8.潜血痕跡少し)

血液検査(wbc6500.rbc 638.hb 16.3.pcv46.6. plt 24.7. tp 7.0. alt 62. alp 236. bun 11.7. cre0.4 glu96. tp 70.alb 638.hb 16.3.pcv46.6. plt 24.7. tp 7.0. alt 62. alp 236. bun 11.7. cre0.4 glu96. tp 70.alb 3.5 gib 3 16.3.pcv46.6. plt 24.7. tp 7.0. alt 62. alp 236. bun 11.7. cre0.4 glu96. tp 70.alb 3.5 gIb 3.5 t-biI 0.3)でした。

そのほか、X線検査、導尿処置をいたしました。
その結果、腫瘍は見当たらないが、膀胱と前立腺に血液の痕跡が少しありました。

8日より、抗生物質、止血剤、消炎剤を朝、晩飲んでいます。

しかし、しばらく止血していましたが、12日ころから連日、今日まで、小さじ1/2~1くら い出血しています。
この間 2回通院しましたが変わらずで心配しています。
原因が分からないまま現在に至っています。

散歩時間は減らしていますが、帰ると一休みしないと足ふきをしないので、疲れるようです。
また 絶えず涙をこぼしています。

しばらく薬で様子を見ましょうとのことですが、原因を突き止める手段はないものか?
是非教えていただけること切にお願い致します。
宜しくお願い申しあげます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  arinko 返答済み 5 年 前.
こんにちは。
実際に診察が出来ないため、頂いた情報からの回答になりますので、この内容だけが全てでない事をご了承ください。

膀胱炎などの尿路系の疾患は比較的時間がかかることが多いです。
超音波エコー検査と尿沈渣検査はされていますか?
尿検査でpHが高く、原因となるものに、ストラバイト結石や細菌感染が考えられます。ストラバイト結石はレントゲンで写りますが、砂状の細かい物になると写りにくくなります。尿沈渣検査をすることによってわかります。
細菌の有無も(理想は自然排尿の尿でなく、膀胱から直接注射器で刺して採尿した尿を)尿沈渣検査で見当がつき、出来れば 尿の培養・感受性検査をすると効果のある抗生剤の選択に役立ちます。
また、尿検査の尿比重が低い事も気になり、軽度腎障害や初期の腎障害(初期や軽度では血液検査で異常値が出ないことがほとんどです)、血尿の原因にはなりませんが ALP(アルカリフォスファターゼ)がヤヤ高めからクッシング症候群もわずかながら考えられます。血中総コレステロール値(T-cho)も高かったら可能性が高くなります。

超音波エコー検査で膀胱だけでなく、腎臓や前立腺もチェックしたほうがいいでしょう。
さらに、超音波エコー時に尿道カテーテルで前立腺液を採取してそれを検査することで前立腺炎などがわかります。
レントゲン検査は臓器の位置や大きさ 形が一方向からわかるだけにすぎませんが、超音波エコー検査は臓器の内部構造を見るものなので、この子の場合 この検査は有効だと思います。

治療に関してですが、検査の結果によりますが、仮に膀胱炎等の膀胱粘膜の障害による血尿であれば、コンドロイチンなどの関節のサプリメントは試してみる価値はあると思います。これは、即効性はありませんが、膀胱粘膜を強化する作用もあるので、症状軽減に役立つと思います。

上記のことを参考に 主治医と相談してみてはいかがでしょうか。
arinkoをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問