JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

12歳のMダックス(雄)のことで相談します。 3日前のことですが、昼にいったん自宅に戻ると体を小刻みに震わせながら

質問者の質問

12歳のMダックス(雄)のことで相談します。
3日前のことですが、昼にいったん自宅に戻ると体を小刻みに震わせ ながら前足を痛がる様子でした。(留守していたので、何が起きたのか分かりません)
当初は左前足をかばっているような気がしましたが、その後両前足ともかばうよです。
足を床につけないわけではなく、トイレなどには自分で歩いていきますが、ピョコンピョコンとぎくしゃくした動きです。首や背中を触っても嫌がることはありません。食欲はこれまで通り普通にあります。自分からはほとんど動こうとしません。
Mダックスということもあり、頸椎ヘルニアか…と不安です。
どういう検査をしたらいいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

確かにダックスちゃんでは椎間板ヘルニアはかなり多い病気になります。

椎間板ヘルニアの大部分は腰椎や胸椎の後ろの方で起こることが多く、その場合は前肢には影響しません。

今後肢は何ともないでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

後ろ足には何の問題もありません。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

前肢のみの異常となると、頸椎や頚髄の異常と前肢自体の異常の二つを考えておかないとなりません。

頸椎や頚髄の異常では後肢にも影響が出てくることが多いですが、行使への影響が薄く症状として表れない場合もあります。

上に書かれている通り、頸椎の椎間板ヘルニアやその他の頸椎の異常(環軸不安定症など)、頚髄の異常(脊髄空洞症や頚髄の腫瘍など)などが代表的な病気としてあります。
多くが首に痛みを起こしますので、身体検査で首を前後左右上下へ優しく動かしたり、圧迫 したりして痛みが出る場合はこれらの病気が怪しくなります。
確定診断にはCTやMRI(脊髄自体をみるのにはMRIの方が優れています)が必要になりますので、まずは一般の病院で診てもらい必要がありそうであれば、そこの病院から二次病院を紹介、予約してもらいCTやMRIを受けることになるでしょう。

それから前肢の異常では慢性関節炎やリウマチが代表的なものとして挙がります。
特にリウマチはダックスちゃんに多く、症状としては発熱と関節痛になります。
初期はレントゲンでもわからないこともありますが、基本的には慢性関節炎と同じくレントゲンで診ることが多いです。
リウマチの確定診断は血液を検査センターに送って行います。


症状からは痛みがあるのは間違いないと思いますので、上のような痛みを起こす疾患のいずれかがあるのではないかと思います。
まずは病院で診てもらい、今考えられる検査としては身体検査や神経学的検査とレントゲン検査、必要に応じて血液検査などを行ってもらうのがいいのではないかと思います。
それでもしCTやMRIが必要であれば紹介してもらう(二次病院は紹介しか受け付けてないところがほとんどです)ということになると思います。
CTやMRIが必要な場合は予約が取れるまでに時間がかかりますので、お早めに診察に行かれてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

丁寧な回答ありがとうございます。

追加でもう1点。

 

てんかん発作の持病をもっております。

4歳のころに発症し、ながらく抗てんかん薬を飲んでおりましたが、

とある獣医さんの紹介でサプリメントを飲むようになってからほとんど発作がなくなり、

ここ1年ほどは薬を飲ませておりません。

発作も1年以上ありません。

 

MRI検査は全身麻酔ですよね。年齢的なことやてんかんの持病があっても

検査は可能でしょうか?

 

首の上下左右の動かしや圧迫は自分なりにやってみましたが、痛がる様子はありません。

 

 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
てんかんの発作の歴がある子の場合、麻酔が無理ということはありませんが、麻酔というのは脳に作用しますので、麻酔後に再度発作が出始める可能性があります。
ですので、そのリスクは多少なりともあると思ってもらった方がいいです。

ですので、MRIなどをとるのであれば、それらのデメリットとメリットを考えてどうするか決める必要があるかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。

 

これまでも過度なストレスが発作の引き金になることが多く、

なるべく嫌がることを避け、ストレスがないように生活してきました。

 

加えて年齢のこともあり、正直無理な治療はしないほうがいいのではないかとも

思うのですが、痛がっているのだけでも取り除いてあげたいと思っております。

 

痛みを抱え、自由に動けないとそれがまたストレスになると思いますし…。

 

取り急ぎ、かかりつけ医に一度診察をお願いし、今後の治療について考えてみます。

 

本当にありがとうございました。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
承諾ありがとうございました。
この解答に関してはもう承諾は要りませんのでそのままにしておいてください。

痛みの原因が分かるのが一番ですが、もし負担のかからない検査で診断がつかない場合はお薬で様子を見るのも一つかと思います。

安静にして病院で診てもらってください。
お大事にしてください。

犬 についての関連する質問