JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

今年5月で16歳になるシーズー犬です。 1月の27日あたりから全然食べなくなりました。何とか水飲みとトイレにはヨロ

解決済みの質問:

今年5月で16歳になるシーズー犬です。
1月の27日あたりから全然食べなくなりました。何とか水飲みとトイレにはヨロヨロしながらも自分で行きます。
日増しに痩せてほとんど寝ている状態です。
やはり寿命近づいているのでしょうか?
お医者さんにも連れて行くのもなんだかかわいそうで・・・
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

16歳と高齢ですので、かなり色々なことがかんがえられまが、老衰というよりは病気で弱ってきている方が可能性としては高いのではないかと思います。

特にシーズーちゃんでは腎不全と心不全が多いです。
腎不全では最近水を飲む量やおしっこの量が多かったなどといった症状が、心不全では咳や呼吸が荒い、疲れやすいといった症状が初めに現れることが多いです。
これらの病気は病気自体を直すことはできませ んが、点滴や薬などで元気食欲が戻ってくれることもあります。

それ以外には体のどこかの腫瘍や肝不全、糖尿病などかなり色々考えられます。
何がかわいそうというのは、本人にしか分からず難しいところではありますが、まずは検査をして、病気を特定して、その治療のメリットとデメリットを伝えたうえで飼い主さんに治療をするのかしないのか決めてもらうというのがいいのではないかと思います。
もちろん苦痛ばかりが多く、ただ寿命を延ばすだけの治療になってしまえばあまり意味がありませんが、どのような治療があるかは病気を調べてみないとわかりません。
検査をしたら絶対に治療を受けないといけないというものではありません。
多くの病気は血液検査とレントゲン検査(超音波検査)で診断のつくものが多く、検査自体もそれほど負担にならないことが多いです。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問