JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

MIXのメス6歳です。2年前に原因不明の嘔吐を繰り返し、専門の病院で内視鏡検査及びバイオプシーを行った結果IBD(リ

質問者の質問

MIXのメス6歳です。2年前に原因不明の嘔吐を繰り返し、専門の病院で内視鏡検査及びバイオプシーを行った結果IBD(リンパ球プラズマ細胞性腸炎)の診断を受けました。ステロイドによる治療(徐々に減薬)を1年行いましたが完全に切るとぶり返したので、約1年前より シクロスポリン(アトピカ)による治療に切り替えたところ症状は安定し元気です。2週間~1ヶ月に1回通院し血液検査により確認しながら維持しております。シクロスポリンも現在減薬しているのですが、年末より、免疫抑制剤の影響か濃皮症と膀胱炎にかかりST合剤とオフロキサシン(タリビット)等の抗生剤により治癒しました。
ここ数カ月は血液の状態、CRP値も安定し元気なのですが、1週間ほど前より「飛び乗る」「上る」などの動作を躊躇するようになりおかしいなと感じておりました。先日定期の通院日にその旨を相談し、触診をしていただいたところ左後ろ脚の膝蓋骨がやや内側に入り込んでいるようだとの診断。(膝蓋骨脱臼グレードは2)
それが原因なのかと考えたのですが、ちょうどその日の血液検査結果で前回(3週間前)正常値だったCK値が異常に高くなり6500ほどに跳ね上がっておりました。またASTも正常値だったものが500に、ALTが220、ALPが950と高値を示していました。CRPは0.44と大きな変化は見られませんでした。
アトピカの長期投与及び直近の抗生剤の投与等による副作用なのか、または別の疾患であるのか心配で仕方ありません。この数カ月は腸の状態も血液の状態も良く安定していたのでとても心配です。
先生の指示として当面1週間は現在服用している薬(アトピカと抗生剤)を完全に切ってみて1週間後再度検査をしてみましょうとのことになりました。かわりにコエンザイムQ10のサプリメントを1週間投与することになりました。
上記の状態より考えられることがございましたらアドバイスを頂けますようお願いいたします。現在は食欲もあり、便の状態も良く、普通に元気です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
こんばんは。
血液検査での値の異常は、もちろんアトピカが肝臓に与える副作用という可能性も充分ありますが、筋肉や骨の異常でも上がる値がありますので、そちらのほうも考えられると思います。
レントゲンはとってもらったでしょうか?
膝以外にも股関節などに異常が見つかることもありま すし、一度とってもらったほうがよいと思います。
また、膝蓋骨脱臼でグレードが低いようなので痛み止めを使ってあげたほうがよいかもしれません。
抗生物質の副作用というのは、そんなに長期的にも使っていませんし、考えにくいと思います。

かかりつけの先生が言われるように、まずはお薬を切ってみて、値が下がるかどうかと、念のためレントゲンはとってもらったほうがよいでしょう。
それでも変わらない場合、他の内臓疾患も考えられるのでエコー検査など追加検査が必要でしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.
早速のアドバイスありがと うございました。ちょうどアトピカの減薬を始めた時期と、抗生剤を投与した時期、膝蓋骨の件が重なり因果関係が分からず混乱しております。
アトピカは減薬している最中でしたので、今回の血液検査の数値が予想外でした。特に初めてCK値がとんでもない上がり方をしていたのと、ASTの上昇も心配です。
昨年末の血液検査では全て正常値に収まっていたので尚更でした。CK値の値は獣医さんの見解としては如何なのでしょうか?
レントゲンやエコーについては次回に担当の先生の御意見も聞いた上で検討したいと思います。
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
返答が遅くなり申し訳ありません。
CKは、心疾患や骨格筋疾患、脳神経疾患、そのほか甲状腺機能低下症などでも上がります。
ALPも骨疾患で上昇しますし、症状もあるようなので、骨格筋疾患の 可能性も高いと思います。
骨格筋疾患といっても、筋炎などから事故や手術などによる外傷などでも上がってくるので、その辺は詳しく調べないといけなくなります。
ちなみに、ASTも筋疾患で上昇します。過激な運動をしたとか、筋炎や、例えば膝蓋骨脱臼で筋肉などを痛めても上がると思います。
なので、やはりレントゲンは必要ですし、それで異常がなければ、筋肉疾患も考えられると思いますのでさらなる検査も必要だと思います。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
こんにちは。相談から1週間、血液検査を行ったとこ ろAST値が500→716、ALT値220→646、ALP値952→820、CK値6517→8230、LIP値82.6→541と前回より高い数値となってしまいました。CRP値は0.44→0.52、ALB値も正常値ですので腸の方は問題なさそうなのですが肝数値とCK値、LIP値がとても心配です。エコー検査を行いました結果、肝臓が少し腫れていることが分かりましたが、その他は大きな異常は見られませんでした。
行動については階段やソファなどへの上り動作での躊躇は良くなってきた感じです。普段は食欲もあり活発にしているのですが、血液検査の結果をとても心配しています。先生も原因が分からず困っているようでした。今回は肝臓をサポートする薬(ウルソ系かと思います)を頂き、来週また検査結果をみることになりました。どこかを痛がる様子もないためレントゲンは今回撮りませんでした。シクロスポリンは中止中です。
今後の対応や考えられる疾病とうについてアドバイス頂けたらと思います。
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
今は血液検査以外で異常なことはありませんか?下痢や嘔吐などがあったりはしませんか?

黄疸はないでしょうか?
ASTやALTも上がってきているので、肝臓疾患の可能性も高くなってきましたね…。
エコーでは肝臓が腫れているかどうかしかわかりませんし、もしあと1-2週間しても値が変わらなかったり、高くなるようなら肝臓のバイオプシーも必要かもしれません。
ただ、筋炎などの可能性も残るためやはり、レントゲンはとってもらって、さらなる検査もすすめたほうがよいと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。
特に変わった様子もなく下痢、嘔吐、黄疸は今のところありません。
レントゲンについて尋ねたところ、痛がる様子もなく普通に歩いているのでもう少し様子をみてからどうですかとのこと。とりあえずストレスもかかるため今回はエコーのみです。
レントゲンは頭に入れておきます。肝臓については今週薬を投与して来週数値を確認した上で次の対処を考えたいと思っております。肝臓のバイオプシーは開腹したり大変な手術となるのでしょうか?
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
そうですね、肝臓はできれば開腹したほうがよいでしょう。
出血が結構ありますので。
ただそれは限定がわからないときの最後の方法だと思っていいと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。いつもありがとうございます。

専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
いえ、また何かありましたらお聞きくださいね。

犬 についての関連する質問