JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ヨークシャーテリヤの小型犬ですが(ヨークシャーの中では4キロと大き目ですが)興奮すると痙攣し、呼吸が激しくなり、戻し

質問者の質問

ヨークシャーテリヤの小型犬ですが(ヨークシャーの中では4キロと大き目ですが)興奮すると痙攣し、呼吸が激しくなり、戻したり、失禁した後、倒れることがここ数回あります。これは何か重篤な病気なのでしょう。背中等をさすっていると落ち着き平常に戻りますが、心配です。現在6歳、雄犬です。宜しくお願い申し上げます。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

もう少し情報を頂いてもよろしいでしょうか?

1.それはいつごろからありますか?
2.どのくらいの頻度でしょうか?
3.興奮したときだけでしょうか?
4.最近咳が出るとか、なんでもかまわないのでそのほかの症状はありませんか?

少しでも適切なアドバイスをできるように、もう少し情報よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

1. 一回目は昨年11月ごろです。

2. 今回二回目です。ちょうど孫が遊びに来た時でした。

3. 一回目は、夜間でしたが特に興奮した様子ではありませんでしたが

  驚いてそのまま病院に連れて行きました。血液検査等致しましたが

  異常は見つけられませんでした。

4. 過呼吸?なのでしょうか、たびたびではありませんが、呼吸が激しくなり

  へたり込む事が、数回ありました約一ケ月ごとに病院で検査してますが

  特に肝臓の値が少し高い程度で、他に異常があるとは所見されていません。

質問者: 返答済み 5 年 前.

1. 一回目は昨年11月ごろです。

2. 今回二回目です。ちょうど孫が遊びに来た時でした。

3. 一回目は、夜間でしたが特に興奮した様子ではありませんでしたが

  驚いてそのまま病院に連れて行きました。血液検査等致しましたが

  異常は見つけられませんでした。

4. 過呼吸?なのでしょうか、たびたびではありませんが、呼吸が激しくなり

  へたり込む事が、数回ありました約一ケ月ごとに病院で検査してますが

  特に肝臓の値が少し高い程度で、他に異常があるとは所見されていません。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信遅れて申し訳ありません、、 症状の出方から一番怪しいのは呼吸器系の疾患かと思います。
軟口蓋過長症と言われる病気は、喉のヒダがながすぎることで、興奮したときに呼吸困難をおこし、酸欠をおこしたおれることがあります。
同じように気管虚脱などでも興奮時に倒れます。
これらはレントゲン(喉から胸にかけての)
である程度判断がつきます。
また、心臓病でも興奮し過ぎると倒れることがあります。
心臓の超音波と、心電図(ばあいによってはホルター心電図といった24時間の心電図が必要になるかもしれません。)をしてもらったほうがいいでしょう。
それらをやってもわからない場合は、脳の異常などのこともありますが、以外に呼吸器疾患や心疾患で倒れるもの(いわゆる失神)は見逃されるケースが多いので、検査して不明といわれた場合は、セカンドオピニオンを聞きに行かれるか、そこの病院で二次病院や大学病院などを消化してもらった方がいいでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

有難うございました。

 

● 確かに舌が長く、眠っているときは舌が口からはみ出している

  状態です。でも病気なのでしょうか?

● 治療方法はあるのでしょうか、又日常注意することはどのような事なのでしょうか?

● 気官虚脱とはどのような症状なのでしょうか

 

普段はとても元気な子なので余計心配です。

ご教授いただければ幸いです。宜しくお願い致します。

 

 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
● 確かに舌が長く、眠っているときは舌が口からはみ出している
  状態です。でも病気なのでしょうか?
これに関しては関係ありません。
軟口蓋というのは喉の奥にあるヒダですので、舌の長さとは関係ありません。
生まれつき長かったり、吠えたり呼吸に負担がかかる生活を続けるとそのヒダが腫れてしまって空気の流れが悪くなることがあります。

● 治療方法はあるのでしょうか、又日常注意することはどのような事なのでしょうか?
まず、心臓や呼吸器系の病気に言えることとしては太らせないようにすることです。
特に軟口蓋過 長症や気管虚脱等がある子の場合にはもともと空気の通り道が狭いですので、太って喉元に脂肪がつくと余計に気管を圧迫してしまいます。
それから、もし今首輪を使っている場合は胴輪にされたほうがいいです。
もちろん興奮してハァハァなるのもよくはありません。
治療法は外科的な方法もありますが、あまりにひどくない場合は、痩せさせるとか炎症を抑えるお薬である程度内科的な管理でそれほど悪くならないようにする方法を撮ることが多いです。

● 気官虚脱とはどのような症状なのでしょうか
気管虚脱というのは本来丸い形を保っていなければならない気管が、空気の出入りのたびにつぶれてしまう状態です。
主な症状は乾いた咳と呼吸が荒いというものになります。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

有難うございました。

 御礼申し上げます。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
お大事にしてください。

犬 についての関連する質問