JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

去年の暮れ頃から、寝てたと思ったら急に起き、ふらふらした様子で歩いて来て、泡を出しながら吐くと同時に失禁し、ふらふら

質問者の質問

去年の暮れ頃から、寝てたと思ったら急に起き、ふらふらした様子で歩いて来て、泡を出しながら吐くと同時に失禁し、ふらふらヨタヨタと倒れ込む。その後もよだれが4時間ぐらい出ていました。これはあまりにもおかしいと思ったのでまずは相談をしてみようと考えメールをさせていただきました。何卒ご回答のほうよろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

もう少し情報を頂けますか?

1.犬種と年齢を教えてください。
2.今書かれた症状はどのくらいの頻度で起きますか?
3.普段起きているときは何か変わったことや、調子の悪いことはないですか?
4.食欲元気が落ちている、尿の量が増えているなどはないですか?
5.その他気になることがあれば何でもいいので教えてください。

よろしくお願いします。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信お待ちしていましたが、3時間たってもいただけていませんので、今の情報でお話しさせてい ただきます。
正直かなり一般的な話しかできませんので、もし先ほどの情報がいただけるともう少し詳しい話ができます。

症状からは脳神経系の異常あるいは代謝性疾患といったものが疑われます。
脳神経系疾患に関しては脳炎、脳腫瘍、てんかん、水頭症などが、代謝性疾患に関しては肝不全、腎不全、中毒などが考えられます。

年齢や犬種、症状の出方やその他の症状によってある程度可能性が高い病気が考えられますが、現時点で言えることはこれくらいになります。

今の状態がどういった状態なのかはわかりませんが、病院で診てもらって、身体検査や血などからある程度脳神経疾患なのか代謝性疾患なのかは区別することもできることが多いですし、代謝性疾患であれば、血液検査で診断がつくことが多いです。
もし脳神経疾患の場合はMRI等が必要になるかもしれません。

いずれにしても症状が進んでしまう前に病院で診てもらった方がいいです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

graphic

ご返信ありがとうございました。

遅れて申し訳ありません。

頂いたご返信について返答します。

 

 

1.犬種:MIX 年齢:3歳4ヶ月 室内犬

 原発の影響で以前の生活とは環境が変わり、家族がそばにいることができないためスト    レスを感じているのではないかと思います。現在はこの環境にもようやく慣れ始めてきたところだと感じます。

 

 

2.11月下旬に1回、1月21日に1回、計2回です。

 しかし、小さい頃から嘔吐することが多く、嘔吐物はドッグフードがまるごとふやけた感じででてきました。色は黄色でした。

 

3.現在耳が外耳炎を起こしており、病院で点眼)を頂き、治療中です。

  また、昨年の10月上旬には足にばい菌がはいり、赤くはれたときがありました。触るととても嫌がり歯をむき出しにして怒っていました。

 

4.1日2食与えているのですが、1食は食べなかったりすることが多いです。

  尿の量は以前と変わった様子はありません。

 

 

5.2歳頃から足の裏の肉球と肉球の間の皮膚が赤いので気になっています。触っても特に痛がる様子はないのですが、不安に思っています。

また、毛が異常に抜けやすく、ところどころ脱毛しています。大きさは直径約5ミリです。

 

よろしければこちらの方もご意見をよろしくお願い致します。

 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信あり がとうございます。


外耳炎とは無関係な可能性が高いです。

文章から推測するには、少し症状が典型的ではありませんが、総合して考えるとてんかんが一番可能性としては高いのではないかと思います。
それ以外には何かを詰まらせたとか中毒による一時的なもの、あるいは副腎皮質機能低下症(アジソン病)や甲状腺機能低下症といわれるホルモンの病気も考えられます。
こちらのホルモンの病気は脱毛にも関係する可能性があります。
また肝臓の先天疾患(門脈シャント)も可能性としてはあると思います。

最初のご質問の症状に関しては、典型的にあてはまるような病気がないので、全身的なスクリーニング検査(血液検査など)をしてもらい、代謝性疾患がないかどうかを調べてもらうのが一番でしょう。

そこで異常が見つからなかった場合は、脳神経の疾患を考えてMRIなどを取るかどうかの相談になってきますが、頻度としてはあまり多くないので、少し様子を見るのも一つかと思います。



それから皮膚や肉球については、最初の質問の症状と関係ない可能性は高いと思います。
肉球の間が赤いのは、アレルギーやアトピーのときに多いですが、足をなめるのが癖ずいてしまっているこの場合は、それを止めさせないと治らないことが多いです。
5mmくらいの塊で毛が抜ける場合は毛包炎といって毛穴に炎症が起きてごそっと抜けることが多いです。


以上が、文章を読む限りの印象ですが、発作の頻度が増えないうちに一度見ておいて貰った方がいいですよ。
悪化するものなのか、一時的に起きただけなのかはわかりませんが、早めに見ておいて貰って悪いことはありませんので。
その際に皮膚についても相談されるといいでしょう。

質問者: 返答済み 5 年 前.

 

ご丁寧なご回答ありがとうございました。

 

返答に対して質問があります。

スクリーニング検査やMRI、その他の検査など、どのくらいの費用がかかるのでしょうか?

 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
病院によってまちまちですが、スクリーニング的な血液検査であれば3000円~5000円くらい、その他レントゲンや超音波もだいたい同じくらいのことが多いでしょう。
何をするか によっては通常、問診と身体検査で決めることが多いですが、最低限血液検査はされておいた方がいいでしょう。

それからMRIに関しては麻酔なども必要ですので4,5万円はかかるでしょう。
ただ、MRIは高度医療施設にしかないので、病院で診てもらい、必要な場合は、紹介してもらい予約を取って後日行くことになります。

ですので、まずは病院へ行き、症状を話して身体検査をしてもらい、先生にどの検査が必要でだいたいいくらくらいかかるというのを検査する前に聞かれるのが一番いいと思います。
それを聞くこと自体は決して失礼なことでもありませんので、検査する前に聞いてみてください。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問