JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

初めまして。3歳のセントバーナードです。生後3ヶ月で購入しすぐ発作がおき病院でCT検査・血液検査等をして原因が判らず

解決済みの質問:

初めまして。3歳のセントバーナードです。生後3ヶ月で購入しすぐ発作がおき病院でCT検査・血液検査等をして原因が判らずてんかんと診断され今日までエグゼクラ ン薬を1日6錠(最初は2錠から始まりました)飲ませております。それでも発作は治まることはなく3週間に1回のペースで起こります。発作が起きた後は座薬を使用して眠らせるようにしておりますが大型犬なので発作を見ているのも辛く・・・
薬はもっと効き目のあるものはないのでしょうか?3週間のペースなので発作が起こりそうな時期に発作を抑える座薬とかはないのでしょうか?発作と無縁になる薬はないのでしょうか?教えて下さい。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。


てんかんのお薬で現在の所ワンちゃんによくつかわれているのは、フェノバルビタール、ゾニサミド(エクセグラン)の2種類になります。

最近ではフェノバルビタールの副作用で肝障害が出ることが多いので、ゾニサミドを使っている病院も多いです。

現在、ゾニサミドの血中濃度は測っておられますか?
現在のお薬は用量としては多いですが、もし血中濃度が低ければ もう少し増量することもできます。
3週に一回というのは、すごく多いというわけではありませんが、やはりできるだけ発作を減らせるに越したことはありませんから。
それから臭化カリウムをゾニサミドと併用するということもあります。
臭化カリウムは主にフェノバルビタールと併用して発作を抑える補助をすることが多いですが、ゾニサミドとの併用も報告としてあります。
ただし、まだあまり併用例が多くないので、どの程度効果があるかというのは分かりません。

それから他にフェノバルビタールに変更するという方法も取れますが、その場合、変更している間は不安定になりますので、発作が増える可能性もありますし、長期的なコントロールはゾニサミドと比べてどちらがうまくいくかどうかはやってみないとわかりません。

そのほかの薬はあまり一般的ではありませんが、ガバペンチン、プレガバリンなどといった薬もあります。
ただし、これらの薬はおそらくあまり一般的な病院では使用しないお薬ですので、二次病院や大学病院に紹介してもらって、処方してもらうことになるでしょう。


それから発作が起こりそうな時に発作を抑えるお薬というのは現在の所はありません。
あきらかに発作の前兆がある場合はその時点で座薬を入れるというのは一つの方法かもしれませんが、作用時間がそれほど長いわけではないので、うまく発作が起こるタイミングに合うかどうかは難しいところです。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問