JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

十三歳柴犬 昨年10月突発性前庭疾患になり軽決 数年前から空腹の時嘔吐時たまあり 胃酸が多いとの事 失禁が増え嘔吐も

解決済みの質問:

十三歳柴犬 昨年10月突発性前庭疾患になり軽決 数年前から空腹の時嘔吐時たまあり 胃酸が多いとの事 失禁が増え嘔吐も増えた為検査 尿に微量の結石があり抗生物質とガスタースターテン 結石溶かす餌処方 一時数値は好くなったがそれから今までの餌食べず 尿細胞+。血液検査でアミラーゼ 血糖値上昇しており 食欲は有りそうなのに 食べず元気も無い日が多い  唯一今食べるのがささ身ジャーキーだけ どうすれば元気になるのでしょう。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

もう少し情報を頂いてよろしいですか?

1.現在、血糖値、アミラーゼはどのくらいなのでしょうか?
2.また、そのほかの検査結果は正常なのでしょうか?
3.また、「一時数値は好くなったが」というのは何の数値でどれくらい良くなったのでしょうか?
4.現在は前庭疾患の症状(傾く、旋回、斜頚、眼振)などはないでしょうか?
5.また嘔吐はありませんか?

よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

1.血糖値125 アミラーゼ1280   

2.はい 悪い尿結果はウロビリノーゲン1.0 蛋白質2+ 尿沈査細胞+ が異常  

3.ウロビリノーゲン0.1 蛋白質+  尿沈査異常なし

4・なし

5・あり

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

まず血糖値から言えばこの数値は問題はないでしょう。
病院へ行ったストレスでも上がりますし、この数値は正常値と思ってもらってもいいと思います。
またアミラーゼに関しても正常値に近いですし、多少嘔吐していたり他の疾患があれば上がってしまいますので、これも一概に悪いとは言えません。
尿検査にしても確か にタンパクが少し多かったようですが、これだけで調子を崩すようなことはありませんし、結石があればそれくらいは出てしまうので、調子を崩す原因は他にあるでしょう(ウロビリノーゲンは気にしなくてもいいです)。


考えられる疾患としては、一番に思い浮かぶのは甲状腺機能低下症です。
これは高齢の柴犬さんにかなり多い病気で、代謝が落ちますので、元気と食欲が落ちます。
嘔吐は必須症状ではありませんが、腸の動きが落ちて嘔吐する可能性はあります。
通常の血液検査では分かりませんが、とった血液をおくってもらって検査センターでホルモンを測ってもらうとわかりますので、一度やってもらった方がいいでしょう。
この病気であればホルモン剤を飲めば見違えるように元気になることがほとんどです。

それ以外にはやはり胃腸の病気(胃腸の腫瘍など)も考えておいた方がいいです。
これに関してはある程度大きければレントゲンや超音波検査でわかりますが、それほど大きくなければ、内視鏡検査(胃カメラ)でないとわからないかもしれません。

その他、心不全、子宮内膜炎(未避妊メス)、前立腺肥大(未避妊オス)、腹腔内腫瘍、椎間板ヘルニア、変性性関節炎、副腎皮質機能低下症(アジソン病)など症状と年齢から疑われて、血液検査には影響を及ぼさないようなものはたくさんありますので、もう少し精密検査が必要になると思います。
まずはホルモン検査とレントゲン、超音波検査はしてもらった方がいいと思います。



japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問