JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

始めまして。 12月で1歳になるロングコートチワワ メスがいます。 9月末頃から右後ろ足を痛がるようになりなした

質問者の質問

始めまして。
12月で1歳になるロングコートチワワ メスがいます。
9月末頃から右後ろ足を痛がるようになりなした。
病院には何度も行き、本日(1月19日)レントゲンにより、レッグペルテスの疑いがあると診察を受けました。
ただ、はっきりとは断定されてませんので、自然治癒の方法で、鎮痛剤とビタミン投与で様子見ることとなりました。
手術しないで良くなる事はありますか?
また、どのようなことをすればよいですか?
教えてください。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんばんわ。

もしレッグペルテス病であれば、自然治癒できることはほとんどないと思います。

レッドペルテス病はレントゲン検査で診断しますが、初期にははっきりと典型的なうつり方をしないこともありますが、痛みだしてから3カ月以上たっているということなので、おそらくもうはっきりとうつってくるのではないかと思います。

多少レントゲン自体の機械の性能によって見えにくい可能性はありますが。

それから、症状が出る前にマットに足をぶつけてひどく痛がったいうので、それが原因になっているとしたら靱帯等の異常の可能性もあると思いますし、チワワちゃんの場合は、圧倒的に膝蓋骨脱臼(膝のお皿の脱臼)が多いですので、それの可能性があるのではないかと思います。

少しややこしい文になってしまいましたが、
・レッグペルテス
・膝蓋骨脱臼
・靱帯損傷などその他の異常

この3つが今のころの可能性ではないかと思います。
ただし、すでに3本足で歩行するようになってしまったということなので、右足の筋肉はかなり落ちてしまっているのでは中と思います(太ももの太さを比べてみてください)。

病気によっては内服治療で反応が見込める場合もありますが、すでに筋肉が落ちてしまっている場合は、内科的に様子を見ていると、手術で足の痛みが取れたとしても足が使えなくなってしまうこともあります。
僕は文面から判断するに、しっかり診断をつけないとまずいのではないかと思います。
命にかかわるということではありませんが、今後、治療するときに遅すぎるということになってしまうかもしれません。

できれば整形外科のおいてある病院や、整形外科をよく見られている先生に早めにセカンドオピニオンを聞きに行かれたほうがいいでしょう。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
他に聞きたいことはありませんか?
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
ご納得いただけましたか?

犬 についての関連する質問