JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5280
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

12歳のシーズー犬です犬の混合ワクチン(9種類)を摂取したあと2日目にアルリギー性皮膚炎のかゆみ止め剤を投与しました

解決済みの質問:

12歳のシーズー犬です犬の混合ワクチン(9種類)を摂取したあと2日目にアルリギー性皮膚炎のかゆみ止め剤を投与しましたら体調を崩し2週間目に死亡しました。
症状は貧血(赤血球がほとんどない)よるものとのことでした。
よく理解できませんが如何でしょうか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、診察をしていませんし短い文章からの推測です。適切なアドバイスが出来ない場合もあることをご承知ください。追加の質問や情報があれば書き込みをお願いします。-もう少し詳しく状況を説明していただけませんかかゆみ止めの薬の種類は何ですか?ステロイドですか抗ヒスタミン剤ですか?いつも飲んでいる薬ですかワクチンを打つと具合が悪くなったことはありますか?他に持病はありませんか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

かゆみ止め剤はステロイドです今まで約8年ほど犬がかゆがりますと10日ぐらいに1錠投与してきました毎年ワクチン投与する場合はカユミ止め剤は1週間前後は間を置いていましたのでなんの異常も見えませんでした他に持病はありません(アルギー性の体質です)

質問者: 返答済み 5 年 前.
アルルギー性の犬はワクチンとステロイドとの因果関係がありますか
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
おそらくステロイドは今回の死亡した原因とは関係ないと考えられます。飲んでいる量や回数が少ないので関連している可能性はあまりないでしょう。それよりはワクチンが引き金になって貧血を起こした可能性の方が高いと思われます。おそらくワクチンが引き金になり自分の血液を攻撃する自己免疫異常で赤血球が壊されて貧血になった可能性が高いと考えられます。これの治療ではよくステロイドを使用します。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問