JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5328
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

4歳のフレンチブルドッグ メスです。  3日前の朝起きたらブルブルと震えて心臓の鼓動が激しく しばらく毛布であたた

解決済みの質問:

4歳 のフレンチブルドッグ メスです。  3日前の朝起きたらブルブルと震えて心臓の鼓動が激しく
しばらく毛布であたためたら止まりました お散歩はそれから2日ほど嫌がるので(珍しく)やめました
その後かかりつけの病院に行き 痛み止めをいただき帰りましたが 今朝起きたとき腰を触ったら キャンとなさけなくなき 今おすわりしたまま 姿勢を変えようとすると 震えと動悸?がして しばらくすると治まります  
後ろ足が少し踏ん張りが利かないようです ご飯はのこさず食べています が明らかにいつもと様子が違います
何か良くない病気ですか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして 診察はしていませんので文章のみからの推測にしかすぎません。少ない文章からの推測です。的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。質問やさらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。おそらくフレンチブルドックに多い背骨の奇形とそれに伴う変形性脊椎症が原因で起きている椎 間板ヘルニアや脊髄圧迫だと思います。背骨の中を走っている脊髄という神経が骨の奇形やそれに伴う障害で圧迫を受けて痛みや後肢の軽い麻痺を起こしている可能性が高いでしょう。MRI検査とCT検査が必要です。MRIは脊髄の評価のために必要です。CT検査検査は骨の奇形や圧迫している所を評価するためい必要です。両方の設備がある大学や2次診療の病院での診療が必要です。脊髄の圧迫が酷い場合には手術で脊髄への圧迫を取り除く必要があるかもしれません。
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
体調は良くなりましたか?改善がないのであれば早めにCTやMRI検査を受けた方が良いでしょう
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問