JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5375
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

年は、12歳のオス犬ですが、ぐったり気味で元気がありません、病院で血液検査をしたら 白血球数が、以上に高く(71,

解決済みの質問:

年は、12歳のオス犬ですが、ぐったり気味で元気がありません、病院で血液検査をしたら
白血球数が、以上に高く(71,900)肝臓ガンの可能性がありと診断されました・
とても高齢のため手術は、させたく無いと考えています。
ALP(73,500)とも、いわれました。薬で治るものでしょうか?どうしてやれば、一番良いのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして 診察はしていませんので文章のみからの推測にしかすぎません。
少ない文章からの推測です。
的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。
質問やさらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。

一番は検査を行い原因を調べることです。それで診断をして白血球が高い 原因やALPが高い原因を調べることが必要です。診断がつけば治療法や今後の方針が立つ可能性が高いと考えます。

原因不明では治るものかどうかは不明です。
ですが数値や状態だけを見るとかなり悪い様子です。危ない状態でしょう。
あまり長くないかもしれません。

感染症や毒物、肝臓の腫瘍など色々と原因は考えられます。

レントゲン検査、腹部超音波検査、肝臓の細胞を針で刺す、肝臓が悪そうで針で刺した
方法ではわからなければ開腹して肝臓の切除生検などが必要かもしれません。

今の病院で検査をこれ以上行ってくれないのであればセカンドオピニオンで他の
病院で治療や検査を行った方が良いでしょう。

高齢で無理をしなくてもレントゲン検査や腹部超音波検査、肝臓の細胞を針で刺すくらいは慣れている病院なら負担なく行えます。

それを望まないのであれば点滴や抗生剤、強肝剤などを与えて経過をみるしかないでしょう。
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問