JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5399
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

よろしくお願いたします。 柴犬 ♀ 13才 持病なし。室内飼い。 12月22日朝、突然右目を開けなくなり、じ

解決済みの質問:

よろしくお願いたします。

柴犬 ♀ 13才 持病なし。室内飼い。
12月22日朝、突然右目を開けなくなり、じーっと立ったままご飯も食べず、まったく元気がない。
その日の夕方受診。
目に細かい傷が多くあるとのことで点眼薬2種類処方。
この日は 右目は瞳孔に異常なく見えていると診断。
目薬のおかげで翌日には右目を開ける。

年末、少し目を開けにくそうなので違う動物病院を受診。(前回の病院は年末年始休診のため)
その病院で右目はまったく見えていないと診断。
目の異常か脳の異常か診断が難しいのでプレロン5ミリ×2を一日一回処方。
(脳の異常を疑ったのは22日以来、吠えないソファーに上がらない、散歩を嫌がるの症状が急に出たため)

プレロンのおかげで翌日、目は開き少し元気になった様子。

1月4日、5日とステロイドをやめてみたところ涙が出て目を開けなくなりました。
6日に受診。結膜炎がひどいとのことでステロイドの投薬を続けることになりました。

痴呆は少しあるようですがいたって元気だったので突然の変化が信じられません。
12月21日の夜中か22日の朝方に何かが起こったとしか思われませんが。
家族中睡眠中で原因は分かりません。

初診には目も見えているし、結膜炎も起こしていなかった。
しかし、まったく元気なく、横にもならず、頭も尻尾も垂れてじーっと立ちつくしたまま。
歩くのトボトボでした。

現在はステロイドが効いている間は右目も開き、散歩にも(すぐ帰りますが)自分から催促します。
食事は発症の翌日からふつうに食べています。

痴呆はごく軽く、あまり尻尾を振らなくなった。寝てばかりいる。遊ばなくなった。などです。

見えなくなった右目はもう回復しないのか?
左目は今後大丈夫か。
突然の失明の原因は?
脳梗塞、脳腫瘍の可能性は?
サプリメントは有効か?
 
今回お世話になった二人の医者の見解はこのまま様子見る。原因は不明。
年齢的に仕方がないこと。
脳の検査は希望があれば紹介する。
サプリは「う~~ん・・・」の返事。

まとまりのない内容ですがよろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして 診察はしていませんので文章のみからの推測にしかすぎません。
少ない文章からの推測です。
的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。
質問やさらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。

神経学的検査を行っていませんので何ともいえませんが症状が脳疾患であると視力が
消失した場合に障害されていると予測される場所から考えると他の症状(ふらつき、発作、異常行動、性格の変化、記憶障害)などが出ることが多いのでどちらかというと
眼の問題である可能性が高いと思います。

吠えないとか寝ているばかり 、あまり尾をふらない、ソファーに乗らないのは見えていなくて怖いとか遊べないのが原因のように感じます。柴犬は恐がりで慎重なのでそのためではないでしょうか。

眼科専門病院や大学があればそちらで一度診察を受けるべきでしょう。

そちらで眼の問題が除外されたならばMRI検査を行うなどの流れになる可能性が
高いと思います。いきなりMRI検査だと費用もかかりますし、麻酔をかけて検査をしなくてはなりません。
症状から考えてまず眼科でみてもらって眼の疾患の可能性が除外されてから行うのが良いでしょう。

眼だけの問題であればステロイドが効果があることから何かしらの炎症性疾患、特に免疫介在性の網膜異常である可能性も考えられます。

ご参考までに
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
追伸です。

痴呆だと後ろに下がれない、昼夜逆転する、飼い主を認識できない、吠えまくる
食べたことを忘れるなどです。

見えてないことによる症状のように感じられます。
遊ばない、尾をふらない、元気が無い、トボトボ歩く。

歩行していてふらつくとか立てない、旋回運動、異常行動はみられますか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

早速の回答ありがとうございます。

 

歩行中ふらつくことはないです。

ソファーに上がりにくいですが降りるのは慎重にですが降りています。

 

旋回運動はありません。

庭の端から端に行ったり来たりはしています。

異常行動はどんな行動かわかりませんが、今までと大きく変わったことはないです。

人なつっこかった子ですが、知ってる人にも寄って行かない。

飼い主にも自分からは寄ってきません。

撫ぜられることは嫌がりませんが自分から近づいてはきません。

耳も遠くなっているのか読んでも反応がないです。

これらの症状は目が見えなくなる前からです。

正確には半年前に美容室でシャンプーなどして帰ってから急になりました。

(3時間ほど美容室にいました。その日から変です。)

今回の目の相談とは関係がない思いますが。

参考のため書き添えておきます。

 

後ろには下がれます。

昼夜逆転はまだないです。

飼い主はわかっています。

吠えまくることもないです。

食事も規則正しいです。

 

12月22日以後、吠えません。

ひーひーと少し声は出して要求はしますが、まったく吠えないのも気がかりです。

吠えないというのは声がでないということですか?

 

最後に「免疫介在性の網膜異常」とは具体的にどんな病気ですか?

また、ステロイドは2週間続けています。

今後、続けていっても大丈夫でしょうか。

 

実際に診察を受けていないのに色々質問をして申し訳ございません。

お答えできる範囲でいいですのでよろしくお願いいたします。

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
免疫介在性の網膜異常は
自己免疫異常で自分の網膜を攻撃する病気です。
稀にそういうことを起こす事があるようです。
ステロイドは炎症を抑えたり、免疫抑制作用があります。

ステロイドは量を調節すれば長期使用は可能です。

あまり脳疾患の症状やボケは無いように感じます。

吠えない理由については不明です。
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
他に質問はありますか?

神経学については得意でMRI検査についても心得があるので
他の獣医師と私の意見が違うのは当然です。

よろしいでしょうか
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問