JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

シェルティー5歳ですが左足関節の少し上あたりに4cm位のしこりがあるのに年末にきがつきました 痛がることもないので

解決済みの質問:

シェルティー5歳ですが左足関節の少し上あたりに4cm位のしこりがあるのに年末にきがつきました
痛がることもないのですが、心配なので今日獣医さんに診察してもらったのですが、腫瘍の疑いが強なので断足の決断をしておいてくださいと言われました。検査結果は一週間後でるそうなのですが、とてもかわいそうなでショックをうけています。
もし腫瘍であれば断足は避けられないものなのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにち わ。

腫瘍の種類にもよりますが、もし腫瘍だった場合に、腫瘍を取りきれるのであれば、断足をする必要はありません。
ただし、足の関節の部分というのは皮膚の余裕が少ないですのでその大きさですと、足を切らずに腫瘍を全部取りきるというのが困難なケースが多いです。
そうなると一つの足を犠牲にしても命を守るために足を切るということは仕方がないことも多いです。
ですので、まずは検査結果を待っての相談にはなると思いますが、取りきる方法がないのであれば、足を切ることで命を守ることになると思います。

そういう子は少なくありませんが、みんな3本足で生活することになれてくれますよ。
早期発見であれば足を切ることで転移もなく生活できることもありますが、やはりこれも診断時期と腫瘍の種類によると思います。
今のところ転移が見られていなくても、細胞レベルの転移は診断するすべがありませんので、手術後も定期的にレントゲンなどの検査を行うことになると思います。
足を切ることで寿命が短くなることはありません。
やはり、迷っていればその分転移の可能性は上がってしまいますので、検査結果が出次第やるのであれば早めの方がいいと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

腫瘍が出来た原因を知ることはできないのでしょうか?

体質でまた別の所にできる可能性はないのでしょうか?

 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
腫瘍は人の腫瘍と同じでほとんど原因がわかりません。
遺伝の可能性はあると思いますが、はっきりした原因は分かりません。

他の場所にできることは腫瘍の種類によっては可能性はありますが、おそらくそれよりも起こるとすればリンパ節や肺への転移かと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

質問者: 返答済み 5 年 前.

今のところリンパ、骨に異常がないので、様子をうかがっているより早く手術を受けた方が

安全とかんがえればいいのでしょうか?

 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
そうですね。
やはり、待っている間も転移の可能性は少しずつ上がってしまいますので。

ただし、腫瘍でない可能性があるのであれば、まずは検査結果を待ってからの方がいいでしょう。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問