JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

11歳の柴犬(オスー去勢ナシ)です。昨年5月ころから左目に、目が飛び出て来たような 異常を見つけ、眼科の専門医をネ

解決済みの質問:

11歳の柴犬(オスー去勢ナシ)です。昨年5月ころから左目に、目が飛び出て来たような
異常を見つけ、眼科の専門医をネットで探し、7月に診察を受けましたところ、網膜剥離で
水晶体がズレていて殆ど視えない状態である。右目は異常はないとの診断でした。
その時点から点眼液を処方して頂き点眼していました。その間8月・10月と診察をうけましたが、眼圧が高いがこれまでと同じ眼圧を下げる薬に加えて炎症防止の薬での治療を
続ける事になりました。所が12月5日になって右目が開かない異常にきず き、左目と同じ
薬を点しながら12月18日診察を受けました。診断は左目と同様の診断でした。
 現状は、殆ど失明し散歩の時もリードを短く持ち何かにぶつからない様にコントロールしながらやっています。食欲は大変旺盛で依然として元気です。目を痛がる様子も見えません。目に光が当たると金色に光ります。
 こんな状態で、今後幾らかでも回復する治療法は無いものでしょうか。担当医からは、「治療法はもう無い、今までどうり点眼治療しか無い、回復は困難だ」と言われました。
 出来ることが有れば何とかしてやりたいと思っています。よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

残念ですが、視力の回復は不可能だと思います。
緑内障は柴犬さんに多い病気ですが、人と違い、見つかったときにはもうかなり進行してしまっているケースが多く、かなりの割合の子が視力を失ってしまいます。
そして、その機能を回復させる方法は残念ながら現在の所ありません。

ですので、今の点眼薬で眼圧が上がって痛みがでないように眼圧をコントロールするということしかないのが現状です。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問