JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

マルチーズメス8歳9カ月です。昨年4月に糖尿病と診断され、ランタス5mlを毎朝打ち、療法食で健康管理してきました。実

解決済みの質問:

マルチーズメス8歳9カ月です。昨 年4月に糖尿病と診断され、ランタス5mlを毎朝打ち、療法食で健康管理してきました。実は、ある獣医では肝臓がぼそぼそで肝臓の治療を勧められたのですが、かかりつけの医師を信じ、糖尿病の治療をしてきました。12月24日にチキンの残飯を食べてから食欲がなくなり(連日のレントゲン等での検査で異常もなく便から骨は出たのですが)30日朝からいつもと違った様子で震えていたと思ったら13時ごろに倒れてしまい、16時に診てもらったところ低血糖と貧血がわかりました。ブドウ糖を与え様子を見るよう言われ帰宅したのですが、19時になっても起き上がれないので、肝臓病と診断した獣医師に診てもらったら、エコー診断で肝臓が悪く(真っ白に映っているそうです)数値にも表れないくらい悪いと診断されました。貧血も肝臓からとのこと。ブドウ糖、栄養剤色々処置をしてもらい、31日も再度診てくれました。ランタスは3mlに指示されました。3,1kgあった体重が2,7kgになり、まだ療法食は嫌がり食べませんが、走れるようになり、好きなものは食べるようになりました。ゆでたささみを主に与えています。肝臓が悪いのか、糖尿が悪化したのか?どのような検査を受け、看護するべきですか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

もう少し情報を頂いてよろしいです か?

1.血液検査でそのほかの項目(ALB;アルブミンやFRA;フルクトサミンなど)は検査されていますか?もししていたら結果を教えてください。
2.24日に調子を崩す前までは食欲減少、嘔吐、体重の減少などはありませんでしたか?また血糖値のコントロールはうまくいっていましたか?
3.できれば24日前で一番細菌検査した血液検査の結果を教えていただきたいです。

糖尿病の診断を間違えるということはまずありませんので、糖尿病はあるのは間違いないと思いますが、肝臓の方がどうなのか、もう少し情報が必要です。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

血液検査はALB,FRAはしていません。血糖値のコントロールがうまくいっていたので血液検査は2011年4月18日のものしかありません。クッシングの検査はしましたが大丈夫でした。24日までは嘔吐も下痢もなく良好でした。今も下痢はありませんが、便の中に今朝一度鮮血がほんの少し見られました。食が細くなったのと、時折震えます。

RBC:8,12 Hct:53,0 Hgb:17,4 MCV:65,3 MCHC:32,8 WBC:14,9 TP:6 PLT:268 ALT:116 ALP:745 BUN:10,6 CRE:0,4 GLU:218 AMYL:1200

肝臓がぼろぼろで覚悟がいると4月にも言われました。やっぱり単なる糖尿病ではなく、肝障害から来る高血糖だったのでしょうか。もう助けられないのかと心配です。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

確かにクッシング症候群が疑われる数値ですが、検査では引っかかってこなかったのですね。

数値からだけですが、クッシングがなかったのであれば、僕は4月の時点で血液検査からは一般的な糖尿病だと思いますよ。
「肝臓病から来る高血糖」とういのは、正直聞いたことがありません。
通常は肝機能が落ちると低血糖を起こしますが、高血糖を起こすことはありません。
肝細胞が壊されてグリコーゲンが放出されてグルコースが増えるということはあるかもしれませんが、あったとしても短期的なものになりますので、8か月も高血糖が続くことはありません。

4月の数値では確かに少し肝臓に負担がかかっている可能性はありますが、血液検査の数値だけでは肝不全とは言えないと思います。
超音波などで異常が見つかっているのであれば、肝臓が悪かったかもしれませんが、少なくとも血液検査の結果(もう少し詳しい検査がないと確定的なことは言えませんが)からはそれほ ど重度なものには思いません。
今回の血液検査からはBUN,Creの低下があるので、肝機能が落ちているあるいは低血糖状態になっているかと思います。
ただし、糖尿病のコントロールがうまくいかず、栄養がうまく使えていなければ、たとえ肝臓の機能がしっかりしていてもBUN,Creの低下や貧血は起きてきますので、一概に肝臓が悪いというのはこの血液検査からはわかりません。

僕の意見としてはまずはしっかりとした血糖値のコントロールが必要になると思います。
肝臓のお薬も飲ませてもいいですが、現在、いまのままランタスを3U(mlではなくU=ユニットだと思います)を打っていると再度低血糖になるかもしれませんし、逆に高血糖などになってしまうかもしれません。
落ち着くまでは入院あるいは通院をして血糖値を調べながらランタスの量を決める必要があると思います。
落ち着いた時点で肝臓の検査をもう少し詳しくした方がいいと思いますが、今は血糖値のコントロールが必要だと思いますし、肝臓に関してはやれることが多くないので、やるなら入院点滴で肝臓の一般的な治療をしていくことになるとは思います。

少しややこしくなってしまい、もし意味がわからない部分があれば、承諾する前に返答で追加質問をしてください。
質問者: 返答済み 5 年 前.
肝臓のエコー診断だけで状態が悪いとはっきりわかるのでしょ うか。かかりつけの獣医師は、4月にエコー診断では肝臓は悪くないと診断しました。今は食べないとまた痩せて倒れてしまうのが心配で、食べたがるものを与えてしまっています。もちろん血糖値は気にしていますが、食べないのにランタスを打って低血糖になり倒れたので、5Uから3Uにしてはいるものの薬が効きすぎるのが心配で5Uは打てないでいます。年末に診てもらった医師に3Uにするように言われてから診察を受けていないので、今日は3Uです。療法食をいっさい食べようとせず、大好物には飛びつくのでほんとに食欲がないわけではない?でも日に日に痩せていくのでつい好物を与えてしまいます。黄疸も無く腹水もみられなくても肝臓障害?と悩みます。どちらの医師を信頼すべきか。糖尿病だけでこんなに貧血になり食欲がなくなるのでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.
肝臓のエコー診断だけで状態が悪いとはっきりわかるのでしょうか。かかりつけの獣医師は、4月にエコー診断では肝臓は悪くないと診断しました。今は食べないとまた痩せて倒れてしまうのが心配で、食べたがるものを与えてしまっています。もちろん血糖値は気にしていますが、食べないのにランタスを打って低血糖になり倒れたので、5 Uから3Uにしてはいるものの薬が効きすぎるのが心配で5Uは打てないでいます。年末に診てもらった医師に3Uにするように言われてから診察を受けていないので、今日は3Uです。療法食をいっさい食べようとせず、大好物には飛びつくのでほんとに食欲がないわけではない?でも日に日に痩せていくのでつい好物を与えてしまいます。黄疸も無く腹水もみられなくても肝臓障害?と悩みます。どちらの医師を信頼すべきか。糖尿病だけでこんなに貧血になり食欲がなくなるのでしょうか。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
肝臓障害があるかどうかは肝機能検査の少し特殊な血液検査をしないとわかりません。
エコーでわかるのは肝臓の腫瘍や、胆管肝炎、肝臓の形の異常などですが、それが肝臓の機能を表すわけではありません。
肝臓の機能は肝臓が物質をうまく代謝できるかどうかの 血液検査で判断します。
ただし、僕は少なくとも「肝障害の高血糖」という診断は違うのではないかと思っております。

それから、糖尿病はうまくコントロールできなければ、貧血も起こしますし、食欲低下も起こします。
これらの改善にはとにかく血糖値のコントロールが大事です。
インスリンの量は食事量によって決めるというのが原則ですので、現在インスリンの量を減らすというのはもちろん理にかなっていますが、どれくらいになるかは食事量によって変更することが必要になります。
今は好きなものを食べてもらってもいいと思いますので、しっかりエネルギーを摂取してもらい、それにあわせたインスリンの量を打つということになると思います。
低血糖が怖いので、ある程度控えめのインスリン量の方がいいですが、理想的には血糖値を測りながら(安定していない場合は毎日の方がいいです)インスリン量を決めた方がいいと思います。
それから糖尿病で貧血を起こしている場合は要注意ですので、食欲が上がらない場合は入院して点滴で糖分を入れながらインスリンを打つこともあります。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます。あと一つ教えてください。クッシングは、コルチゾールPre:6,0 Pcst:19,2でグレーゾーンだが、多分大丈夫と診断されました(8月)。もしかしたら、震えに貧血、食欲不振はクッシング症候群を発症したのではないでしょうか。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
検査所に よって多少測定方法が変わりますので、基準値も変わってきますが、その値自体は少し高いように思います。
クッシングがあっても不思議ではないと思います。
現在測ると高くなっている可能性はありますね。
ただし、貧血や食欲不振はクッシング症候群だけでは起こりませんので、やはり糖尿病の悪化と思います。
クッシング症候群も再度検査した方がいいですが、それが現在の症状に直接かかわっているとは思いにくいので、まずはとにかく食事量と血糖値のコントロールが最優先です。
落ち着いたら肝機能検査とクッシングの検査をされるというのでいいと思いますよ。
クッシング症候群があると余計に血糖値のコントロールが難しくなるので、長期的にみれば、クッシング症候群があれば、そちらの治療と並行して糖尿病の治療をされることをお勧めしますが、状態が悪い今はクッシング症候群の検査や治療はお勧めできません。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問