JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

2歳のヨークシャーテリアの男の子ですが、歯が悪いのか(歯が小さく見える)フードも 食べにくそうで 噛む力も弱く引っ

解決済みの質問:

2歳のヨークシャーテリアの男の子ですが、歯が悪いのか(歯が小さく見える)フードも
食べにくそうで 噛む力も弱く引っ張り合いをしてもすぐ放してしまいます。
どうしてでしょうか。 お願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
こんにちわ。

噛むのが弱いとか食欲が細い、痩せているといったことは昔からでしょうか?それともある時期からでてきたものでしょうか?
また、散歩などは普通に行きますか?
ふらつきなどはありませんか?

もう少し情報を頂きたいです。
よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 5 年 前.

離乳食が済んだ後(生後6か月位)から ドックフード(ドライタイプ)を

与えてもあまり食べなくなりました。 散歩には毎日10分位を家の近くで その時トイレ(大)もかかさずします。 元気ですが走ることは好きそうですが長く続かなくすぐ止まります

 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返答ありがとうございます。
いくつか考えられることがあるので書かせていただきます。

まずあごの力が弱いとか、食べにくそうとか言った場合に神経の異常を疑いますが、若いころから出てくる神経の病気として、脳炎や水頭症といった病気があります。
犬種的にも比較的多いかと思います。
こういった病気では重症であれば発作が起きたり立てなくなってしまうことがありますが、軽いものでは、たまにふらつく、元気食欲があまりない、力が弱い等といった症状で出ることもあります。

それ以外で言うと、先天性の肝疾患(門脈シャントや肝門脈微小血管異形成症)といわれるものでも神経異常を起こすことがありますし、ヨーキーちゃんにも多い病気です。
これらの病気では 肝臓で代謝するべきものが代謝されずに体に残りますので、それが神経に悪影響を及ぼし、上に書いたような脳神経の病気と同じような症状を起こすことがあります。

それから、力が弱いとか元気食欲がない、疲れやすいといった症状の場合に先天性の心疾患があることもあります。
先天性心疾患では全身への血流が悪くなるので、力が出せなかったり、少し運動したらすぐ疲れてしまうといったこともあります。

それ以外にも考えられることはありますが、2歳という若さからは以上のような病気が比較的下の性としては高くなって来るのではないかと思います。
顎自体の異常というものもありますが、あまり多い病気ではありません。


上にあげたような病気は比較的診断が難しく、高度な検査機器が必要になるかもしれませんので、まずはかかりつけの病院あるいは少し大きめの病院で見てもらい、そこで特別病気が見つからなければ、二次病院を紹介してもらった方がいいでしょう。
体質や性格的なものの可能性もなくはないですが、個人的には、症状からはなにか病的なものがあるのではないかと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問