JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

4歳10ヶ月のメス柴犬です。1歳頃に激しい嘔吐と下痢をして病院から薬を頂きその時は治ったのですが、その後は軟便気味になり、下痢になると病院から薬を頂きしていましたが、それもあまり効

解決済みの質問:

4歳10ヶ月のメス柴犬です。1歳頃に激しい嘔吐と下痢をして病院から薬を頂きその時は治ったのですが、その後は軟便気味になり、下痢になると病院から薬を頂きしていましたが、それもあまり効果が無いので今はそのままにしています。
季節によっても程度は変化しますので、体重と食欲を見ながら注意していました。便に出血などは見られません。
餌はVets Planのセレクトスキンケアだけです。しかしあまり喜んで食べないので、長い間市販されている鶏ささみのふりかけやオーラルケアガムjなどを与えていました。
毎年冬になると少し良くなるようでしたが今年は11月半ばから一度も普通便にならず、散歩(3/Dey)のたびごとにビビビーと音高らかにしますし、時折夜 中にも便意で外に出かけなければなりません。
人間で言う過敏性腸症候群のような病気はあるのでしょうか?
数日前から食事は朝と夕方3時ころだけにして、夕方5時になるとあまった餌を引き上げるようにして、餌以外のものを与えないことにしています。
このような方法で体質改善を試みているのですが、この方法でよいのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
ワンちゃんにも過敏性腸症候群などはありますよ。
ただし、あまり長期的に続くことというのは少ないです。
基本的には方法は悪くはないと思いますが、他に病気があった場合には効果が上がってこない可能性があります。

他に考えられる病気としては3つあります。

まず1つ目は膵外分泌不全です。
これは膵臓から分泌される消化酵素(おもに脂肪を分解するもの)が不足するために消化がうまくいかず下痢になるものです。
この病気の特徴としてはとにかく下痢が続くということですので、嘔吐が出たり、一時期よくなるというのはこの病気ではあまり考えにくいです。
血液検査センターに血液を送れば簡単に診断はつきます。

2つ目は食事アレルギーです。
これはかなり診断が難しいですが、 食事の何かに反応してアレルギーを起こしてしまう病気です。
皮膚に出ることもありますし、胃腸に出ることもあります。
z/dなどの加水分解フードでアレルゲンがほとんど入っていない食事をしばらく与えてよくなってこればこれであると診断することが多いです。
全てのものがアレルゲンになりえるので、ささみやセレクトプロテインの中に入っている現材料にアレルギーがある場合は今のお食事ではアレルギーがあった場合に効果がない可能性はあります。
食事アレルギーの場合は、食事があっていても2週間~1カ月は続けないと効果がない可能性があります。
それから、なかには食事添加物に反応する子もいますので、そういった子では血液でアレルギー検査を行い(これは100%の検査ではありませんが)、その結果に合った手作り食をあげることで効果があることもあります。

最後に、3つ目にIBD(炎症性腸疾患)というものがあり、僕はこれが一番可能性があるのではないかと思います。
この病気は、胃腸に対する一種の自己免疫疾患であり、自分で自分の腸を攻撃してしまう病気です。
重症のものでは嘔吐下痢がとまらず食欲も落ちて一気に痩せてしまうこともあります。
診断は内視鏡検査で腸の一部を取ってきてそれを検査センターに送るということが一般的です。
免疫抑制剤に反応することから、検査をせずにステロイド剤を使って試験的治療をすることもあります。
ですが、若い子なのでできれば診断をしっかりつけておいてから治療を開始した方がいいでしょう。
同じような病気としてたんぱく漏出性腸症というものもあります。


以上の事から、理想的には、血液検査で膵外分泌不全を否定して、内視鏡検査を受けられてIBDやたんぱく漏出性腸症があるかないかを確認するのがいいのではないかとは思います。
それらがなければアレルギー食をやっていくといいと思います。

今の食事で少し様子を見るのであれば、できるだけふりかけるものなどはすくなくして、たとえばお湯をかけて少しにおいを出したり、同じ種類の缶詰フードを混ぜたりすることで、できるだけアレルギーが出る可能性を少なくして、食欲を増す方法を考えらる事をお勧めします。
目安は2週間~1カ月かと思います。
体重減少はいい傾向ではありませんので、どんどん落ちるようであれば、早めに検査を受けられることをお勧めします。


少し長くなってしまいましたので、もし追加の質問があれば、承諾前に返信でしてください。

japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
早々のご指導ありがとうございました。しばらくはセレクトスキンケアだけ2/day与えるようにしてみます。
しかしこの餌は犬にとってあまり魅力的ではないのでしょうか?積極的に食べなくて他のものをほしがります(家には猫もいて同じ会社の去勢猫用メールケアを与えていますが、それをほしがります)。当然与えませんが、なんでもガツガツほしがるくせに自分の餌だけはいい顔をしません。
また、この餌を食べると水をたくさん取るように思います。
かかりつけの医師はこの餌を薦めますが、喜んで食べないことと水分を多く取ることが気になります。
果たしてこの餌は優良なのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
アレルギー食はなぜか水を良く飲むようになることが多いようです。
それに関しては心配することはありません。

セレクトプロテイン以外にもz/dなどもお勧めできるご飯です。
その子その子によって好みが変わりますので、一度他のアレルギー食も試してみてもいいと思います。
セレクトプロテイン自体はいいご飯だと思いますよ。
ただ、限定されたたんぱくを使っていますので、もしそのたんぱくにアレルギーがある場合は意味がないかもしれません。
質問者: 返答済み 5 年 前.
2年くらい前からオナラが非常にくさいです。
これも食事によるアレルギーが原因でしょうか?
なお、1歳くらいの時の最初の下痢と嘔吐は、田んぼのあぜ道などの草を食べたせいだろうといわれました。農薬がついていることが多いですので・・・
それからは散歩中の草の捕食は厳しく注意しています。
室内の植木鉢の土を食べていることがあり、これも厳しく注意しますが、何か不足しているものがあるのでしょうか?
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
おならが臭いのは
1.腸内環境の悪化:特に腸内細菌層の悪化がある時に多いです。
 腸炎全般的(IBDをふくめ)に起こってきます。
 食餌の種類の影響の可能性もありま す。
 アレルギーから直接的なものではないと思いますが、アレルギーが原因で腸内環境が悪化すれば匂いが臭くなる可能性はあります。

2.脂肪の消化不良
 これは膵外分泌不全の時によくありますが、脂肪の消化が不完全だとその匂いがおならに強く出ることがあります。

それから土や石などを食べる異食症と呼ばれるものは、栄養不良や栄養バランスの悪化を感じているときにおこってくる本能的なものであることが多いです。
慢性的な下痢による低たんぱく血症(特にアルブミン)やミネラル不足などが考えられます。
おそらくこういったものが解消されれば収まってきますが、土を食べることは腸炎にはよくありませんので、できるだけ食べさせない方がいいです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございました。
しばらく現在の餌を時間を決めて与え、それ以外の食べ物はやめてみます。
また、だらだら食事をやめ、時間が過ぎたものは余っても与えないようにして、食生活の改善を行ってみます。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
そうですね。
一番は違うものはあげないようにするということです。
ただし、体重の方にはしっかり注意しておいてください。

犬 についての関連する質問