JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

15歳のビーグル(雄・未虚勢)です。昨日の夜、散歩の途中に座り込み30分程動けなくなりました。その後、何とか自力で帰

解決済みの質問:

15歳のビーグル(雄・未虚勢)です。昨日の夜、散歩の途中に座り込み30分程動けなくなりました。その後、何とか自力で帰宅し、夜の食事と本日の朝は普通に食べたが、午後からぐったりとして食欲もありません。全身が小刻みに震えている上、息も荒い。寒いのかと思い電気ストーブとタオルケットで保温していますが、目もうつろな感じで伏せたまま動けない状態です。明日動物病院へ連れて行く予定ですが、いま応急に何かしてあげることはあるでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
15歳と高齢ですので、かなり様々なことが考えられます。
症状が急ですので、心臓病等が一番に考えられますが、それ以外 にも肝不全、腎不全、腹腔内腫瘍、貧血などかなり色々考えられます。

それぞれによって対処法が変わってきて、場合によっては家で出来ることというのは限られていますが、やるとすれば、保温をしっかりしてもらって安静にしてもらうということでしょうか。
また、酸素スプレーなどがあれば、簡易の酸素室などを作るのも一つですが、ビーグルさんですので、大きさ的には少し難しいと思います。
ご飯はなしにしておいて、お水だけとれるようにして、安静に保温というのが、家で出来る限度だと思います。
あまりにぐったりしている場合はやはり緊急病院へ行かれたほうが安心かとは思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問