JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

北海道の石狩地方に暮らす12歳6カ月のダルメシアンの雌です。 2008年11月より甲状腺機能低下症に罹りホルモ

質問者の質問

北海道の石狩地方に暮らす12歳6カ月のダルメシアンの雌です。

2008年11月より甲状腺機能低下症に罹りホルモン投薬を
続けておりますが、この春5月に慢性リンパ性白血病を発症し、
8月より抗がん剤治療を初め現在に至っております。

愛犬の身体への苦痛を可能な限り小さくしつつ身体への過剰な
負担も掛けずに、治療に伴う副作用と愛犬の命と向き合い支えて
行 くことが望みです。主治医とも共通認識を持っていると思い
ます。

この度、お尋ねしたいことは、12月3日より愛犬には腹水と
思われる兆候が出ました。

愛犬の体表にはリンパ節の腫れが数箇所に出ており、抗がん剤の
投与による日常の回復は望めず、愛犬の体力が持たないとの判断
で抗がん剤投与を避けました。

主治医はがん細胞が全身に回り内臓を侵しているとの判断です。

今後の愛犬の生活を支えたく、どんな小さなことでも飼い主として
出来る腹水対策をお教え願いたいです。 よろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
ご質問ありがとうございます。

正直なかなかやれることとなると難しいのが現実ですね。
癌を持っている子の腹水が出た場合は主治医さんのおっしゃる通り内臓まで行って、癌性の腹膜炎を起こしているということが多いです。

その場合には癌をおさえるか腹膜炎を少しでも抑える かということになってきます。
どれがどの程度効果があるかというのは正直やってみないとわからないところがあり、100%効果があるということは言えませんが、以下に効果がある可能性があることをあげさせていただきます。
効果がある可能性が高い順であげます。

1.抗がん剤の投与
 これに関しては飼い主さんと主治医さんの判断でメリットもデメリットを考えた上で、使わないとの選択だと思うので、あげるかどうか悩みましたが、一応あげさせていただきます。
確かに抗がん剤は体力を奪う可能性があります。
そしてある程度今まで使われてきたのであれば、今まで使ったものはあまり効果が出ない可能性もあります。
ただし、たとえば、Lアスパラギナーゼなどあまり副作用が強くなく、単独でも効果があるものをもしまだ使っていないのであれば、使う価値はあると思います。
また、最近では必ずしも規定量で使わなくても、ある程度の効果が期待できて、副作用のリスクがかなり減るので、用量を減らして抗がん剤を使うこともあります。
特に急速に腫瘍が増えている場合には、半量などで使っても効果が出るかもしれません。

2.抗炎症薬
 これは対症療法になりますが、癌性の腹膜炎を起こしている場合は、癌を抑えなくても炎症を抑えることで、腹水を抑えることもできます。
もう使われているかもしれませんが、ステロイド剤や非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)などといった薬を使われてもいいと思います。

3.サプリメント
 これは現在の所議論が分かれているところであり、効果があるという発表もあればないという発表もあります。ただし、少なくとも悪いことはないので、たとえばアガリクスやサメ軟骨などのいわゆる癌にきくといわれているサプリメントをあげられてもいいと思います。

4.適度な運動
 これはあくまで「適度な」ということです。ある程度循環がよくないと腹水の吸収が悪くなってしまうと思うので、癌だからといってずっと家の中ばかりで休ませているとよくないと思います。ただし、もちろんあるいたらすぐ疲れてしまうとか、本人がかなりだるそうであれば、無理に連れていくべきではないですし、あまり激しいとか長時間の散歩もよくはありません。もし本人の元気と体力がある程度あれば、適度な運動は効果があるかもしれません。

5.しっかりと栄養をつける
 腹水は血液中のタンパクが減ってしまうと出やすくなります。ですので、できるだけそういった状態にならないようにしっかり栄養をつけてもらうことが必要になります。基本的には腫瘍細胞は炭水化物をエネルギー源として使い、脂肪は使えないとされているので、炭水化物を制限して脂肪を増量したフード(n/dなど)がいいと思います。ただし、下痢をしやすいので、下痢気味の子にはお勧めしません。また、食べて下痢をしてしまう場合は中断した方がいいです。


以上、少し長文になってしまいましたが、現状で考えられる対策を書かせていただきました。もちろんこれらはあくまで、文章での質問に対して考えられるというものになりますので、参考にしていただき、基本的にはワンちゃんを直接見ている主治医さんと相談されてどういったことをするのかを決めていただくのが一番かと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問