JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

15歳のメス猫についてお尋ねします。 マンション内で飼っているため、他の猫等との接触はありません。 昨日から腰が

解決済みの質問:

15歳のメス猫についてお尋ねします。
マンション内で飼っている ため、他の猫等との接触はありません。
昨日から腰が抜けたような状態になり、うまく歩けません。
特に痛みはない様子ですが、後ろ足に力が入らず、歩きながらよろけてしまいます。
症状が出るまでは食欲も旺盛で、特に変わった様子はありませんでした。
見た感じでは、足が麻痺してうまく動かせないといったようです。
ペットフード以外の食べ物を与えたこともありません。
また、高いところから落ちたという形跡もないようです。

こんな症状ですが、よろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
今足先を触ってみてください。
足先が冷たいとか、前足と比べて、パッドの色が薄いといったことはありませんか?
また、それ以外の症状は(下痢、嘔吐など)何かありますか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

足先を触ってみましたが、特に冷たい感じはなく、色が薄い様子もありません。

また下痢、嘔吐もありません。

 

歩く際に平衡感覚が悪くなり、物にぶつかりながら歩いている感じです。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
返信ありがとうございます。

猫ちゃんの場合に、心臓の病気で心臓で出来た血栓が、後ろ足の血管に詰まって後肢の麻痺をおこすことが多いので聞いてみたのですが 、それではなさそうですね。

そうなるともし後ろ足だけふらつきがあるのであれば、腰の神経の問題(馬尾症候群など)が疑わしくなります。
体全体がふらつく場合は、脳の病気(脳腫瘍や脳梗塞など)の可能性が考えられると思います。

その他、全身状態の悪化(腎不全や糖尿病、脱水、貧血など)や老齢性の関節炎なども考えられますが、症状が急で、そのほかの症状がないことを考えると可能性は低いかとは思います。

一時的なものである可能性もありますが、半日たっても同じ状況であるのであれば、一度病院で検査をされてみた方がいいと思います。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問