JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5399
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

ゴールデンレトリバー牡8歳(去勢済)です。 2年前の11月、腰に出来た腫瘍を肥満細胞腫と診断され、摘出手術を受けま

解決済みの質問:

ゴールデンレトリバー牡8歳(去勢済)です。
2年前の11月、腰に出来た腫瘍を肥満細胞腫と診断され、摘出手術を受けました。
グレード3とのことで、予後が心配 されましたが、それから2年、再発もなく、犬は
いたって元気です。ところが、この11月10日のエコー診断で、半年前は発見されなかった
のですが、脾臓に25mm(直径)の腫瘍が発見され26日に細胞診を受けました。
肥満細胞腫ではなかったのですが、2週間で約10%大きくなっていて、細胞分裂の仕方も変だということ、肥満細胞腫ができた体質等を考えると、悪性の可能性は高いという獣医師の診断でした。
獣医師は脾臓全摘手術を推奨しますが、8歳という老犬に域に達してるので、手術そのものが成功しても、老犬の命自身を縮めるのではないかと心配しています。手術無しで、クオリティオブライフを進めながら更に延命させる方法はあるのでしょうか。犬自体は今日12月2日現在、食欲旺盛、下痢もせず、活発に動いています。ご回答をよろしくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして 診察はしていませ んので文章のみからの推測にしかすぎません。
少ない文章からの推測です。
的確なアドバイスが出来ない場合もありますのでご容赦ください。
質問やさらにお聞きになりたいことがあれば情報や要望を入力をお願いします。

肝臓や腎臓、肺、心臓に大きな問題がなく麻酔に問題が以前の手術でもなかったので
あれば一番安全な方法としては脾臓の全摘出が転移の可能性が低いうちに腫瘍を取り除く
一番良い方法です。

脾臓を全部取ることで体に大きな問題が出ることはありませんが
それよりも腫瘍が体に残っている事の方が問題となるでしょう。

ご参考までに
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問