JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

涙腺にできものができ1カ月が過ぎても消えないため、受診しました。麻酔をして手術した方がいいと言われましたが、生後13

解決済みの質問:

涙腺にできものができ1カ月が過ぎても消えないため、受診しました。麻酔をして手術した方がいいと言われましたが、生後13年がすぎ麻酔手術の経験もなく副作用の不安がぬぐえません。他に治療法はありませんか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
涙線の出来物というのは、まぶたのヘリにできているものでしょうか?
可能性としては、炎症と腫瘍がありますが、炎症であれば目薬で落ち着く可能性はあります。
ですの、一度目薬を試してみてもいいと思います。

ただし、炎症というよりは腫瘍の方が多いので、その場合は目薬では小さくならないので手術が必要になる ことが多いです。

それから、まぶたの出来物はほとんどが良性腫瘍ですので、目やにが多いとか、本人が気にしていないのであれば、少し様子を見るのも一つです。
手術自体はそれほど時間もかかりませんし、全身麻酔は必要ですが、手術自体はそれほど負担の強い手術ではありませんので、もしまだ若いのであれば、早めに手術するのも一つの方法かと思います。
少しずつ大きくなっている感じがあるのであれば、早めの方がいいかもしれません。
大きくなりすぎると、手術によってまぶたの形が変わってしまうこともありますので。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問