JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

急激に歩行困難、ヨタヨタ、フラフラ、ときに倒れたり、歩く時も座っている時も顔が右側に傾いている。体重も右足にかかって

解決済みの質問:

急激に歩行困難、ヨタヨタ、フラフラ、ときに倒れたり、歩く時も座っている時も顔が右側に傾いている。体重も右足にかかっているよう。一週間前までは力強く私を引っ張るように散歩(私は休日の時しか散歩に連れていけない。他の日は家族のものがしている。)していたのに。
柴犬オス11歳ぐらい。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 6 年 前.
おそらく年齢と犬種からは特発性前庭疾患というものが疑われます。
これはある程度高齢の子に突発的に起こる平衡感覚の異常で、軽症のものであれば1週 間くらいで自然に治ることもあります。
ただし、自然に治らなかったり、少し症状が残ったりすることもあります。

治療に関しては抗生剤や抗炎症薬に反応することもありますので試してみる価値はあると思います。
100%回復できるかどうかはわかりませんが、ある程度は改善してくれる子が多いです。

それ以外にも、中耳炎や脳の病気などで同じような症状が起こることもありますが、脳例の子で突発的に症状が出てきたのであれば、一番多いのは前庭疾患です。
できるだけ早く病院で診てもらった方が、回復具合もいいと思います。



japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問