JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

昨日夕食の時間に急に悲鳴を上げて痛がりはじめ、今日病院へ連れて行ったのですが、白毛震え症候群と診断されました。原因は

質問者の質問

昨日夕食の時間に急に悲鳴を上げて痛がりはじめ、今日病院へ連れて行ったのですが、白毛震え症候群と診断されました。原因はまだよくわからないとのことですが、脚が少し震えるくらいです。(継続的ではありません。)ただ、動くととても痛がり、触ることもはばかられます。食欲もあり、歩き方もおかしくないのですが、とにかく痛がります。注射とお薬はもらったのですが、次の診察まで、どのようにしてあげればいいのでしょうか?犬は4歳のキャバリアです。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 6 年 前.
白毛震え症候群は、ホワイトシェイカー症候群という名前の方が知られているかもしれませんが、原因不明(脳の何らかの炎症?)の震えの病気として知られています。
なぜかほとんどが白色の毛の子に起こるという病気です。
ただし、文献によると(かなり珍しい病気ですので、実際に見たことはありません)、症状としては痛みを伴わない四肢の震えといわれており、痛みがあるのであれば、質問者さんの子が本当にその病気なのかというのが気になるところです。

キャバリアちゃんではホワイトシェイカーシンドロームよりもよく知られて いる病気として、脊髄空洞症やキアリ奇形といわれる、首のあたりの脊髄の異常の病気があります。
もし頭~首を動かしたときに痛みを伴っているのであれば、症状はどちらかというと、脊髄空洞症やキアリ奇形という病気に近いと思います。
これらもそれほど多くはありませんが、僕は実際に一例見たことがあります。

脊髄の異常に関しては普通の検査だけでは診断できませんが、CTやMRIによって診断が可能です。
治療法は病気によって異なってきます。

ですので、痛みがあるのであれば、セカンドオピニオンを聞いて、検査を進められた方がいいのではないかと思います。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医臨床歴6年
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 年 前.

様子を見る限りでは、首などは痛がりません。私から見ても痛いところがまるでわからず、本人も動かない限りは平気らしくソファの上に座っているのですが。他の病院でCTを撮ってもらえばわかるでしょうか?あと、触って痛がった処をその後もう一度触ってみると次は痛がらなかったり。どういうことなんでしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 6 年 前.
そうですか。
となると確かに症状だけではなかなか難しいですね。
あの後何個か文献をチェックしたのですが、やはり痛みは伴わないと書いてあるものばかりですので、動くとキャンとなるのであれば、僕はホワイトシェイカーシンドロームというのは違う可能性があるのではないかと思います。

どこなのかははっきりしませんが、動くと痛がるということはやはりどこかに痛みの部位があって、触り方やタイミングなどによって痛み方が違うのだともいます。
そして、もし四肢の震え(後肢だけでなく前肢にも)があるのであれば、原因は首より上であることがほとんどです。

できればMRIの方が様々な異常が把握しやすいので好ましいのですが、CTでも脊髄空洞症は診断できるようです。
ただし、CTにしてもMRIにしても行ってすぐに撮ってくれるものでもありませんし、機会がある病院も限られています。
ですので、まずは現在の病院で紹介状を書いてもらったり、予約をとってもらったりするか、少し大きめの病院でセカンドオピニオンを聞かれるかしてからでないと難しいと思います。
現在の病院で特別検査もせずにホワイトシェイカーシンドロームと診断されてしまったのであれば、紹介なども難しくなる可能性がありますので、セカンドオピニオンを聞きに行かれたほうが早いと思います。
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験: 獣医臨床歴6年
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  wantaro 返答済み 6 年 前.
検査についてCT検査で脊髄空洞症が診断できるようですとのことですが違う意見なのでお答えします。実際に何例もホワイトシェーカーと診断されたものをみたり脊髄空洞症をMRI検査とCT検査で同時に みたことがありますが残念ながらCT検査では脊髄空洞症の診断は困難です。脊髄空洞症かもしれないと言える場合はありますが診断は困難でさらに脊髄空洞症を起こしている原因や病状をみるためにはMRI検査が必須となります。またその後の治療経過観察にもMRI検査は有用です。CT検査の費用と時間を考えるとMRI検査の方がはるかに費用に対する効果は高いでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.
返事が遅くなってすいませんでした。様子を見ながら他の病院にも行ってみようと思います。ありがとうございました。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
いえ、大丈夫ですよ。
お大事にしてください。

犬 についての関連する質問