JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ゴールデンレトリバー メス 5歳 体重36kgです。 1週間前散歩中に肉球を裂傷し(原因不明です)、出血が止まらず

解決済みの質問:

ゴールデンレトリバー メス 5歳 体重36kgです。
1週間前散歩中に肉球を裂傷し(原因不明です)、出血が止まらず獣医さんに縫合していただいたのですが、
翌日に包帯をjとってしまい、傷が離開し再縫合しました。
本日再診しましたが、糸が自然にとれていて一部離開していた ので、アロンアルファーをつけてもらいました。
しかし、散歩にいくと包帯がとれ、少し血液混じりの浸出液のようなものがガーゼに付着してます。
動きが激しいので安静が保てず困っています。
散歩は控えるようにしているのですが、散歩のときでないと排泄をしないので散歩をしているのですが、遠くに
行きたがります。
できるだけ早く治す良い方法はないでしょうか?後、アロンアルファーをつけてますが、毎日消毒した方がよい
ですか?その場合消毒液は何を使用すればよいでしょうか?ゲンタシン軟膏(人間用)などは塗布してもよい
のでしょうか?抗生剤の内服はしています。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 6 年 前.
肉球の裂傷は普通の皮膚に比べて治りがかなり悪いです。
ですので、ゴールデンちゃんではなかなか難しいですが、やはり一番は安静に保つことでしょう。

包帯が取れてしまうのを防ぐためにはストッキネットと呼ばれるもので靴下を作る方法があります。
作り方が乗っているページがなかったので、なかなか作り方の説明は難しいですが、病院でやってもらえるのではないかと思います。
それで靴下を作るとかなり包帯のずれが違います。

消毒は毎日されたほうがいいと思います。
僕 が勤めていた病院では、外科用のイソジン(人用)を3倍程度に薄めたものを使っていました。
ゲンタシンも付けても大丈夫です。
ただし、最近よく言われているのが、ゲンタシンも消毒も、やりすぎると傷の治りを悪くするといわれているので、あまり何回もやったり、大量につけたりするのはよくないと思います。
ですので、現在化膿がないのであれば(浸出液だけであれば化膿ではないです)、水道水で構わないので、ボトルか何かに入れ、さっと洗い流してしっかり乾燥させて、かるく希釈イソジンで消毒するくらいの方がいいと思います。

あとは最近ではウェット法といって、浸出液の中に含まれる傷の治癒成分を有効活用する様な方法もありますが、場所的にかなり難しいですし、飼い主さんが独自のやり方でやるのは危険ですので(感染のリスクがあります)、お勧めできません。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問